デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

ブログを書くメリット。新卒!新入生!新参者やコミュ症こそブログを書こう!

      2015/10/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

 

新社会人の皆様、コミュ症の皆様、ウェブ上で日記やブログを更新したことはありますか?どんな内容でもいい、1日のできことや、休日に訪れた街でたべた料理でもいい、1記事更新してみてほしい。

なぜブログを更新するべきなのか?今回はその理由とブログを更新するメリットをお話ししたい。

 

ブログは自己紹介に最適

 

な・・・な・・・な・・・な・・・なんだって?

結論から伝えよう、ブログはコミュニケーションツールになる。いや、私の場合「なった」

ブログはFacebookやtwitterなどのSNSよりも、人と人の関係をつなぐツールとして適している、私にとってのSNSはブログに誘導するための入り口だ、より深く、親密な関係を築きたいとかんがえているならブログを更新するべきだと思う。

ブログにはSNSとちがって文字数の制限もないし、画像挿入も可能、自分の思いどおりにコンテンツを作成することができる。

私は新卒時代、一定期間毎日ブログを更新していたが、その結果、普段やりとりのない部署のかたや、地方の支店のかたにも名前や、人物像をしっていただくことができ“社内営業”のツールとして大きな役割を果たしてくれた。

またお客様も名刺の名前を見て検索などしてくれ、訪問時に「ブログ見たよ~」といってくれることもあり、営業時の小話にも一役かってくれた。

 

自分のことを知ってもらうにはSNSは不十分

 

な・・・な・・・な・・・なんだって?

まずはなぜSNS(facebook、twitter)ではダメなのか?そこを説明しよう。

まずSNSの投稿は新しいものが率先してタイムラインの上部に表示されるため、ふるい情報を確認するのがむずかしいし、あなたにあまり興味のない人はわざわざタイムラインをさかのぼってまで、あなたの情報をみようとはしない、

おまけにSNSに投稿される情報の価値は低い。

だって友人とたのしそうにうつっている写真に一言、二言そえてある程度の情報ばっかりじゃない!

twitterは140文字の制限があるし、facebookの投稿は長文である場合、おりたたまれて表示されることがおおい。そもそも長文をかきこむ人があまりいない。

短文からえることができる情報はほんとうにわずか!もし誰かに自分のことを知ってほしいと考えていたら、明らかに提示している情報がすくないことがわかるだろうか?

かつSNSは記録(ログ)を残しづらい、投稿数が多ければ過去の情報を確認することすら億劫だし、検索したさいもfacebookの情報は表示されない

気軽に流しながら情報を得られるメリットがある分、相手に覚えてもらえるほどのインパクトを残すのはむずかしいのがSNSだ。

 

ブログはアウトプットツールにもなる

 

な・・・な・・・なんだって?

でました意識高い系横文字「アウトプット」そう敬遠しながらも使ってしまうのは日本語でなんていっていいのか俺がわかってないからだろう。

調べてみよう。

 

・・・

 

まぁー調べてみたけどようは「学習したり、経験したことを出力(形や結果)として残すこと」ってことみたい。

 

あぁ~なるほど・・・とまあこんな具合に使えるってことだ、今回はかんたんなケースだが、たとえば自社の製品やサービスについて1,000~1,500文字でかいてみてほしい、

そしてまとめたものを自分で読み返してみてくれ、起承転結がしっかりとした“伝わる文章”がかけるころには君の営業力や商品を説明する能力はワンランクもツーランクもあがっていることだろう。

 

ブログを書くことで文章力もあがる

 

な・・・なんだってーー!!

ちなみに文章力とは以下6つの要素からなりたつ

語彙力(言葉の種類や使用)
表現力(言葉の組み合わせや装飾)
構成力(バランス・理屈)
説得力(現実味・論理)
魅力(規則性・創造性)
生産力(メタ的な要素)
参考ページ:http://goo.gl/Y1CpJE

「誰かに自分の思っていることを正確に伝えたい」と考えながら日々文章を作成していれば前述した能力は少しずつ上がっていく。

お客様や上司とのメールに苦手意識がないか?そんな人はブログをぜひ更新してみてくれ。ちなみに以前働いていた企業のコンサルタントがいっていたが、

能力を上げるためには1,500~2,000文字で文章を作成するのがよいらしい、1,000以下では起承転結がなくても文章が成立してしまう場合が多いし、2,000文字をこえてしまうと構成がより複雑になってしまい、まとめるのがむずかしくなるためだそうだ。

しょうじき初めから1,500文字はきついとおもうが、500、800、1,000、1,500文字と少しずつ文字数を増やしてみてほしい、

ちなみに私は、4年前300~1,000文字が限界だったが、今では大半のブログが1,500~2,000文字で、多いもので5,000~7,000文字のものを30~120分で作成している。

まだまだ誤字脱字もあるし、事前に構成を考えていないものはガタガタだし、接続詞もメチャクチャな場合がおおいが、

国語の成績万年2で、母親がフィリピン人で文字をかくのがホントに苦手だったことをかんがえるとずいぶん成長したとおもう。これもブログの力だ。あと前職の上司だ。

 

終わりに

 

ナン

まとめると、ブログ更新には大きなメリットがある、コミュニケーションの幅を広げることもできるし、自分自身のブランディング(印象・イメージ)をすることもできる、

またビジネスに必要な能力を向上させることも可能だ。なので、ぜひ更新に取り組んでみてほしい、どちらかといえば営業力に自信がなくて、人とうまくコミュニケーションをとれない人に激しくおすすめしたい。

はじめの内は時間がかかるだろうが、「ブログみたよ」といわれるのは結構快感なものなので、その瞬間を目指してとりくんでみてくれ!

あと単純に個人事業主様、特にBtoCでやってる方々は絶対にブログを更新したほうがいいのだが、これはまた別の機会で。

ではアディオス

↓ねぇ・・・どれか・・・どれか・・・「ぽちっ」としてくれるよね・・・?ねぇ?ねぇ・・・!?ねぇ・・・!!どれか・・・どれかは「ぽちっ」としてくれる・・・してくれるよねぇ!?!?!?

 - 越川日記 , ,