デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

幕張哀愁交差点[とんかつ 和幸 幕張WBG店]

      2016/07/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

今回紹介する幕張の哀愁溢れるスポットは[とんかつ 和幸 幕張WBG店]

海浜幕張駅から徒歩5分程の位置にある[幕張WBG]、この和幸はその幕張WBGのなかで営業している。食べログの評価は3.00、平均点ブッチぎりの店舗だ、この[幕張WBG]は企業のオフィスがたくさん入っているビルだ、なので平日はサラリーマンのお客さんでにぎわっているのだろう、だがしかし、俺がいく休日や、平日のおそい時間はつねにガラガラである。俺が普段“トン喝(豚カツ)”をくうのは[かつや]、だがしかし、特別気合や“喝”をいれる必要がある時はこのように少々高級な“トン喝”を喰らいたくなるのだ、たまには500円じゃない本物の“トン喝”・・・食べたいじゃないか、トン喝(豚カツ)の値段は店や地域によってピンきりだ、大体1,000~3,000円ぐらいの価格帯だろうか、そう考えると和幸のトン喝は1,000~1,500円と安めだ、しかし普段かつやで500円のトン喝を喰らう俺にとって1,000~1,500円の価格帯はけっして安価ではない、なのでこの和幸幕張WBG店に足をはこぶことは稀で、ある意味“勝負飯”といっても過言ではないだろう、その緊張感と幸福感のあいまで俺はトン喝を喰らうのだ、先日訪問したときはヒマだったのか看板娘みたいな店員さんが、客席で店の売上を数えていた、今時めずらしい光景だなぁ・・・としみじみした。ちなみにごはんとみそ汁はすきなだけおかわりしていいシステム、幼少期・・・弟と2人で、俺がごはんをおかわりする⇒店員がもってきたら弟がごはんをおかわりする⇒店員がもってきたら俺がみそ汁をおかわりする⇒店員がもってきたら弟がみそ汁をおかわりする⇒くりかえし・・・。そんなことをやった16年前を思い出す。

 

↓ねぇ・・・どれか・・・どれか・・・「ぽちっ」としてくれるよね・・・?ねぇ?ねぇ・・・!?ねぇ・・・!!どれか・・・どれかは「ぽちっ」としてくれる・・・してくれるよねぇ!?!?!?

 - 外食, 幕張 , , ,