デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

俺達のバッファロー~男はみ~んな猛牛さ~

      2015/10/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川だ(@9130daiki)

 

先日読んだブログに昭和テイスト居酒屋「薄利多賣半兵ヱ」が紹介されていた、なんと懐かしい・・・

 

思い出すなぁ・・・

 

 

 

アレは・・・何年前だ・・・?確か7年前、千葉県松戸市にも「薄利多賣半兵ヱ」の店舗があり、大学の友人や、先輩達とよく飲みにいったのだ、残念なことに今はもう閉店しているが、ヤカンで飲む微妙な温度のビールによく吐かされたものだ。

 

あの日は15人ぐらいで飲みにいった、その日はMうら先輩のトークがキレキレで、飲み場は沸きまくりだった。

人物紹介:Mうら先輩、学年は3つ上だが高校と大学で1回ずつ留年している5つ上の先輩、元ヤン、卵が好き。

 

突然Mうら先輩は俺に提案をしたんだ。

 

Mうら先輩
越川、バッファローゲームやろうぜ!

越川
バ・・・バッファロー・・・!?!?!!?

 

 

バッファローゲームとは
1、両手の人差し指を立て頭上にかざし、自らをアメリカ産の猛牛「バッファロー」のように見たてる
2、対面に人が立つ
3、バッファロー役は下を向き目をつぶり「バッファロー♪バッファロー♪」と口ずさみながらその2本の指で、対面の人の乳首を当てる。という極上のスリルを味わうことができるゲームである。

 

 

越川
(コ・・・コイツはバッファローじゃねぇ・・・バッキャローだ・・・だが・・・!)

えぇ・・・!いいですよ!

 

 

かくして飲み屋の一つ屋根の下・・・男と男のバッファローゲームは開始された

 

 

Mうら先輩
バッファロー♪バッファロー♪

越川
く・・・ぅ・・・残念だが・・・はずれだ・・・!

 

 

・・・(小一時間経過)

 

 

越川
バッファロー♪バッファロー♪

Mうら先輩
う・・・く・・・あぁぁぁっぁあぁぁーーーーーーーー!!!

越川
ッ・・・しゃぁぁ!!!!

 

 

初めは小さな火種だった、だがしかし、争いが過熱するにつれ周囲の注目が集まりだし

 

 

「何をやっているんだ・・・?こいつらは・・・?でも・・・楽しそう!」

 

 

という異様な空気が流れ出したその時ッ

 

 

Mむら先輩
かぁ~~~みてらんねーよ!どきなコッシー!あたしにまかせな!!

人物紹介:Mむら先輩、かわいい、細い、おもしろいの三拍子が揃ったパーフェクト先輩だが「おもしろければいい」至上主義の愛すべきパッパラパー先輩。

 

 

一同
!?!?!?!?!?!?!

 

 

これには一同ド肝を抜かれた・・・そんなことが許されていいのだろうか?だが、たった1つの確かなことは既に会場はあったまっているということだった、誰がこの会場の王者になるのか?これはその王者を決める頂上決戦の舞台でもあるのだ。

 

 

越川含む会場の男子
ググググ~~~~~~!(何かが高まる音)

 

 

かくして[ Mうら VS Mむら ]のバッファローゲームは始まった、先手バッファローはMむら、

 

 

Mむら
バッファロー♪バッファロー♪

 

・・・

 

ここだぁぁ!!!!!

 

Mうら
ぐ・・・うぁぁぁぁぁぁぁあ嗚呼ああーーーーーーーーーーー!!!!

悔しいがあたりだ・・・つーか、お前普通に目あけてるじゃねぇか・・・だが・・・まわってきたぞ・・・!俺のターンだ・・・!

 

 

そう、会場の越川含む男子にとってMうらがバッファローであてられることなど、へそが茶を沸かすとんだ茶番なのだ、ここからが本番、一同興味がないふりをしながらもグラスのビールを飲み干し準備万端だァ!!!

 

 

Mうら
・・・(ととのいました)

 

フゥ~・・・

 

バッファロー♪バッファロー♪

 

 

ゲームは始まった、賽(さい)は投げられたのだ、誰も後戻りの切符なんて持っていない、進むしかない、GO AHEADしかないのだ。な~に陽気に「バッファロー♪」だなんて口ずさんでやがる、目が血走ってるぜ。

 

Mうら
バッファロー♪バッファロー♪

 

もちろんMむら先輩は触れさせる気など微塵もなかったのだろう、会場を沸かし、笑をとりたかっただけだ・・・だが・・・もし・・・?もし万が一にでも触れるようなことがあったら・・・そんなことになったら一体どうなってしまうんだ・・・?その場の後輩一同は冷静と情熱の間を何往復もしたのだ。

 

Mうら
バッファロー♪バッファロー♪

 

あぁぁぁぁ~~~~!触れる!あと少しだ!がんばれ!がんばるんだMうら先輩!!!と思ったその瞬間だった。

 

 

 

お客様ァァ!!!当店でのバッファローはお断りさせていただいております!!!!!

 

 

一同
なん・・・だと・・・?

 

終焉の音色、これは争いの終わりを告げる天子のラッパ、そこに乗り込んできたのは「薄利多賣半兵ヱ」の店員だった、なんてこった・・・!「薄利多賣半兵ヱ」ではバッファローが禁止されていたのだ、・・・そんなことがあるのか!?だったらなんだったらよかったてんだ!?あぁ!?なんならよかったってんだよぉぉぉぉ!!!!!だがしかし・・・これは重大な過失・・・あぁあぁぁぁ・・・こんな理不尽なことがオレの身ばかりに・・・灼熱!身を焦がす愚行・遅行!

 

かくして「薄利多賣半兵ヱ」での夢舞台は幕を閉じたのだった、沢山笑ったなぁ・・・楽しかったなぁ・・・と当時の気持ちを思い出させてくれた[コチラ]のブログには感謝だ。

 

つわものどもが夢のあと・・・

 

以上、アディオス。

 

 

↓ねぇ・・・どれか・・・どれか・・・「ぽちっ」としてくれるよね・・・?ねぇ?ねぇ・・・!?ねぇ・・・!!どれか・・・どれかは「ぽちっ」としてくれる・・・してくれるよねぇ!?!?!?

 - しょーもないこと , , ,