デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

世界一どうでもいい世界一になった話[デジモンカードで頂点を掴んだ男物語]vol.2

      2015/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の話―
デジモンカードで1番になった男が1番になるまでの物語vol.1
vol.3~は⇒[こちら]

第2話“出会いは必然、別れ?そんなもの俺達にはこない”

1999年5月――

その年の3月に始まったアニメ『デジモンアドベンチャー』はポケモンほどではないが、ジワジワと人気をえていた!

 

しかわは10才! 小学校の学年は低学年から高学年にかわり、すこしお兄ちゃんぶりたい年頃! コロコロコミックで学級王ヤマザキのおっぱいを見るよりも、コミックボンボンでロルちゃんのおっぱいが見たい! えぇい! ついでにポケモンも卒業だ! と尖りだす年齢!

そんなお年頃の俺に・・・ 2才年上の近所のお兄さんが“危険”な取引をもちかけてきたんだ・・・。

 

 

川市某所の公園『さんかく公園』

 

こしかわ(10才)
こんなところに呼びだして・・・ 一体なんの用だ・・・?

おまえがほしがっている『遊戯王』のシークレットレアカード・・・『ハーピィ・レディ三姉妹』なら、わたす気はこれっぽっちもないんだがねぇ・・・

きっちゃん(近所のあんちゃん)
ククク・・・

 

こしかわ
・・・? なにがおかしい!

きっちゃん
いやぁ・・・ この状況・・・笑わずにいられるかい? その『ハーピィ・レディ三姉妹』は10分後・・・ 俺のものになる・・・ッ

 

こしかわ
なにぃ・・・? 物分りの悪いイカレフルーツポンチ脳味噌野朗ォ・・・! こいつはわたさねーって言ってんのがわから――

きっちゃん
スッ――

 

 

っちゃんは1枚のカードを俺に見せつけた、当時は遊戯王も全盛期!

子供達は血眼になって『ブルーアイズホワイトドラゴン』や『時の魔術師』のようなキラキラ光るカードを集めていた・・・ そういうならば「宝物」! 遊戯王カード=宝物の時代だったのだ!!!

その時代の真っ只中! きっちゃんは見たこともない種類のカードを俺に見せつけた!!!

 

 

こしかわ
!? そ・・・それはぁぁぁぁぁああああああああああ!!!!!

ム・・・ ム・・・ ムゲンドラモン!?!?!?

 

ムゲンドラモン

究極体デジモン。必殺技は『ムゲンキャノン』! メカメカしてて超カッコイイぞ!

 

闊(うかつ)だった・・・ デジモンカードがあることは知っていた、だが、この町に上陸していたことは知らなかった・・・!

しかも・・・ 超・・・ カッコイイ・・・! おそらくガチャガチャを5、6回ひねればでてくるようなカード・・・価値は500円といったところだろうか・・・

それに対し『ハーピィ・レディ三姉妹』はシークレットレアだから4,000円分の箱買いをしても1枚手に入るかどうかのレアカード・・・ 500円VS4,000円、くらべるまでもないことはわかっている・・・

だけど・・・ だけども・・・ッ! メタリックボディに、レアカードのビニール加工がビッシィィィってされててめっちゃかっこいい!!!! ほ・・・ ほしい・・・!

 

こしかわ
ほしい・・・

きっちゃん
あ?

 

こしかわ
ほしい

きっちゃん
なんだってぇ~?

 

こしかわ
すッッッッッッっごくほしいです!!!!!!

 

して、こしかわは欲望に負けトレードの主導権を握られ、『ハーピィ・レディ三姉妹』だけでなく、遊戯王のレアカードを2、3枚つけて、圧倒的に損しているトレードを成立させるのだった。

 

 

35年後とある北国の喫茶店

当時少年だった「きっちゃん」は、こう語ったという

きっちゃん

きっちゃん
いやぁ~・・・ あの時は僕の方が・・・ ず~~~~~・・・と得してると思ったんですがね・・・

僕にとってはゴミみたいなかみきれも、彼にはすでに黄金に見えていたんですかねぇ・・・ 後から考えてみると完全に彼の方が得してますね(笑)

あぁ、あの『ハーピィ・レディ三姉妹』? カードショップで2,000円ぐらいで売っちゃいましたよ、ゴミみたいな金額ですよねぇ~彼はデジモンカードで100万円ちかく儲けたらしいですけどね。

 

説ではなく、神話になれる時代が始まる。

つづく

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます
もし宜しかったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有していただけると声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - デジモン, デジモンカード , , , ,