デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

見知らぬ牛丼【連続小説木村光大~Another Sky~Episode.4】

      2015/10/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでのお話
連続小説【木村光大】 オッス!オラニート!WORK WORKすんぞ!!
連続小説【木村光大】~Another Sky~Episode.1【古の記憶】
連続小説【木村光大】~Another Sky~Episode.2【その男日下部】
連続小説【木村光大】~Another Sky~Episode.3【いつか必ず死ぬ~メメント・モリ~】


から半年程の時が経過した・・・。

俺は・・・ただひたすらに仕事に打ち込んでいる。

今思えば仕事を与えられたことは幸福なことなのかもしれない。

そう考えればボス男も悪い奴ではないのかもしれない。

職場に朝10時に出勤し、24時には借り家に帰り就寝する。休みは週一だが、ギャル男仲間も沢山できてプライベートも充実している・・・。

俺はこの生活に満足しつつあった・・・。

 

~カラオケ~

カラオケボックス

ギャル男1
「イエ~~イ!パラパラメドレーで行くぜ~~!!みんな盛り上がっていこうぜ~~フォウ!!!」

ギャル男2
「木村もパラパラが板についてきたな~、マジヒッピーで、ホッピーで、ハッピーなオッパピーだな!」

木村金髪
「ちょ~~やべ~~!」

あぁ。そうだ。「超やべぇ」・・・。

 

連続小説【木村光大】~Another Sky~Episode.4

「見知らぬ牛丼」

木村金髪
「いらっしゃいませぇ~~!」

ギャル男5
「牛丼!肉のみ!鬼盛りでちょっちょり~~す!!」

木村金髪
「ちょっちょり~~~!お待たせいたっしゃ~~!」

ギャル男5
「マジ!ちょ~~マジ!パなく美味いんですけどGYU(牛)~!キムっちもギャル男が様になってきたんじゃな~い?」

木村金髪
「あざぁ~~す!」

ギャル男店長
「お~~~い。木村く~~ん!ちょっと牛さばいてくんね~?」

木村金髪
「ちょっちょり~~す」

 

ドア「ガチャ」

 

牛通常
「・・・」

木村金髪
「ちょっちょり~~す。・・・さばきにきましたよ」

牛通常
「・・・お別れか。」

木村金髪
「そうみたいっすね・・・。寂しいっすけど。」

牛通常
「・・・俺は今まで頑なにさばかれることを拒んできた。」

「・・・さばかれてたまるか!!! 」

「そうずっと思ってきた」

「・・・だが俺も歳だ」

「アメリカの大地でテンダロインステーキになって、ファンキーな外人に食われる夢も叶いそうにもねぇ・・・。」

「だからよ・・・お前にだったらさばかれてもいいかもしれねぇって思ってんだ」

木村悩む
「牛さん・・・」

牛通常
「さぁ、もう未練はねぇ。さばけ!!・・・オメェの手でさばいて・・・モォ~レツにうめぇ牛丼にしてくれや!!!」

森本レオナレーション
【ナレーション】静かに横になる牛。木村は包丁を光らせて歩みを進める。

木村悩む
「・・・。」

牛通常
「どーした!?びびっちまったのか童貞ちゃんよぉ!!やれ!・・・頼むから早くやってくれよ!!!」

木村拒否
「・・・やっぱ、俺にはできねえっすわ~」

牛通常
「!!!!?」

「おめぇ!牛丼屋が何甘ぇ事言ってやがる!?オメェはただのバイトで!一童貞!俺をさばかなきゃ・・・さばかなきゃ・・・生きていけねぇんだぞ・・・。」

木村拒否
「あんたらしくもねえじゃねぇの・・・」

牛通常
「!!!!!!」

木村通常
「“夢をあきらめるな、捨てんな”」

「それがあんたの口癖だろ?」

「・・・これさ・・・使ってくれよ。」

森本レオナレーション
【ナレーション】木村はポケットから1枚の紙を取り出し。牛に差し出した。

牛通常
「アメリカ行きのチケット・・・!おめえ・・・!」

木村通常
「裏口の鍵、ぶっ壊しときました。車も用意してあります。店長にばれないうちに逃げてください。」

牛通常
「何故・・・俺にそこまで。俺はただの老いぼれた牛だぜ?」

木村通常
「自分・・・忘れてたんですよ。この町に来た理由。この町でしなきゃいけないこと。そして「夢」を。牛であるあんたが・・・それを思い出させてくれました」

牛通常
「オメエ・・・これからどうすんだ?」

木村通常
「決まってるでしょう。「夢を叶える」それだけですよ。まずはこの町の頂点・・・ボス男をつぶします」

牛通常
「!!!?ギャル男マウンテンに登るのか!?たった一人で!!?む…無茶だ!!」

木村通常
「夢の為の無茶は買ってでもする。これもあんたが教えてくれたんじゃないですか。」

牛通常
「おめぇ・・・」

森本レオナレーション
【ナレーション】その時だった

ギャル男店長
「うわああーーー!!」

ガシャーン!ガチャガチャ!!バターン!

木村怒り
「店長の悲鳴!?何だ!?」

謎の人物
「俺も連れて行ってくれないか?」

木村怒り
「!!!」

「お・・・お前は!!!!」

森本レオナレーション
続く!!!!!

次回予告

何故人は山に登るのか

人はそこに山があるからだと答える

人は何故夢を見るのか

人はそこに可能があるからだと答える

夢に向かって我が道理を貫く男に未来は微笑むのか?

次回

「攻めて童貞らしく」

 - 木村, 連続小説 , , ,