デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

[祝]Break The Jinx(ブレークザジンクス)市船所属の越川弟、高校バスケでウインターカップ行きの切符を掴み取る

      2015/11/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イケメンかよ

イケメンかよ

 

バカ・・・

自身の子供に対して「過度に」愛着を覚えて働き掛ける行為ないし影響を受ける傾向とされる

つまり、自分の子供を愛しすぎている故、わが子に対し過剰な評価や、賛辞をおくってしまう者を[親バカ]とよぶのであろう、

 

過去の市船の活躍は⇒[コチラ]

 

んかいの場合は・・・ 私をあらわす言葉は[親バカ]ではない・・・

そうだな[弟バカ]・・・ そんな言葉がぴったりだろう。

自己紹介が遅れたな・・・リーマンブロガーの越川です(@9130daiki)あ、こしかわ家の長男です~! よろしく、よろしくね~!

 

Break The Jinx(ブレークザジンクス)

Break The Jinx(ブレークザジンクス)

意味は[ジンクスなどクソ喰らえ]

 

は時に、思いこみや、迷信など見えない力に心や体を支配されてしまう。

もしかしたら自分のどこかで

「過去を越えられるはずがない・・・」
「おれはウンコ野朗だ・・・」
「2歳の時・・・原木中山駅のビデオ屋でもらした自分なんて・・・」

という気持ちがあり、新たな伝説を作り出す自分にブレーキをかけているのかもしれない。

 

がしかし、2015年11月1日、男たちは湧(わ)かせた、自らの血を、会場のオーディエンスを、そして過去のしがらみ、ジンクスを

タイトルに「越川弟」と記載しているが、それは閲覧者の注目をあつめるための施策であり、これは市立船橋高校バスケ部に対するブログだと認識していただきたい。

まずはおめでとう。君らが死闘をしている間、ぼくは平井の喫茶店でコーヒーを飲んでたよ、とにかくおめでとう。

 

[祝]市立船橋高校のバスケ部がウインターカップへの切符を手にいれた!

バスケウインターカップ予選

相手チーム4番の視界から消える神業を披露・・・!人間・・・なのか?

 

にも知らない子羊ちゃんに説明しよう、高校生のバスケットボールの大会には、3つのビッグタイトルが存在する、

それは『インターハイ』『国体』『ウィンターカップ』である、

 

の部活動では夏ごろに開催される『インターハイ』が最後の大会になることがおおいので、「インハイこそが勝負の場・・・!」と認知されていることがおおいが、

バスケットボールの世界はちがう、『ウインターカップ』は12月頃におこなわれる、そのため「もっとも気合をこめるべき大会」とはこの『ウインターカップ』らすいぃ・・・。

 

フリが長くなった、本題にはいろう、単刀直入につたえさせてもらう、

勝利の瞬間

この笑顔に偽りなし・・・!

 

市立船橋バスケ部の益荒男(ますらお)たちは掴んだのだ、『ウインターカップ』への切符を! 

掴んだのだ、越川家の3男坊でありバスケ野朗の和紀君は! 『ウインターカップ』への切符を!

ついでに掴んでくれ! 越川家の跡取りの座を!

 

ンターハイ、国体への出場は当然になっている市立船橋・・・ なぜここまで勝利を祝われているのか? そこには積み重ねられたドラマがあったのだ

 

市立船橋高校が抱えていた[Jinx(ジンクス)]

は人生の中でたくさんの[○クス]にブチあたる、

小学校から中学校にあがるぐらいの時にはブリーフと[トランクス]の狭間(はざま)で揺れ、

大学生ぐらいになったら見栄をはり、たいしておいしくもない[スターバックス]にいりびたりたくなるのだ、

吹奏楽部にはいればトランペットと[サックス]のどちらかを選ばなくてはいけないし、

アメリカにいけば[ブロンクス]へのいきかたで悩むだろう

中年男性になれば不妊症や、無精子症などの[セ○クス]の問題にもぶち当たる。

 

して今回、高校生の彼等がぶちあたったのは[ジンクス]

市船には「隔年でウインターカップにでれない・・・」という謎のジンクスがあり、昨年ウインターカップで3位入賞したこともあり

「今年はちょっと・・・さすがに・・・やばくね・・・」という雰囲気が漂っていたのだ!

いきつけの居酒屋でよく話すバスケ好きのおっちゃんもこうぼやいていた「いや~・・・ 今年は難しいって言われているよね・・・ う~ん・・・ 菅野美穂ってかわいいよね」

 

野美穂のかわいさには激しく同感だ、だが昨年がおお当たりだっただけに危険信号だった今年度・・・! だがしかし、益荒男(ますらお)たちは見せつけてくれた!!!

 

死闘の末に・・・

はみていないので、次男からの情報を参考に勝負のポイントを紹介する

 

・第1Q終了時点で3点リード、市船有利
・しかし第3Q、1度逆転を許す
・最終第4Q! 最後の最後で1点差までつめよられる・・・!
・さすがキャプテン! この土壇場で4番の平良君がゴールを決め再び3点差!
・最終スコアは89-86! 3点差を守りきり優勝! おめでとう!

 

ぅぅ~! 最後つめよられた瞬間! おれだったら[ジンクス]の4文字があたまをよぎってしまい、動きがかたくなってしまう、

弟も「く・・・こんな時にビデオ屋での思い出が・・・」と体を硬くしたにちがいない、だがそれをも越えての勝利・・・!

胸を熱くするには充分すぎるドラマではないだろうか?

 

た、勝負というものは相手がいて初めてなりたつのだ、敗れたとはいえ素晴らしい戦いを(次男に)見せてくれた柏日体高校バスケ部員のみんなにも大きな拍手をおくりたい、

みんな、おつかれ!

 

ウインターカップの詳細とまとめ

なみに『ウインターカップ』の本戦は12月23日〜12月29日に開催される、入場料は1,000円かかるらしい、

クリスマスと被るので彼女のいない童貞はぜひ見に行ってほしい。もちろんそうじゃない人も皆でぜひみにいってほしい。

場所は渋谷区の『東京体育館』近場だ。

 

して今回の功績により、こしかわ[3兄妹勢力図]に影響があるのはまちがいないだろう、

 

3兄弟勢力図

6月の時点での勢力図

 

あわわわわ・・・! おれいなくなっちゃいそうじゃない?

以上、今後の躍進にきたいする、アディオス。

 

インターハイの結果はコチラ⇒[【市船バスケ部インターハイの結果】最終回“いつかまた笑顔で”]
最後までお読み頂き、ありがとうございます
もし宜しかったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有していただけると声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - 和紀のバスケ , , , , , ,