デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

リリーフランキー主演。大和ハウスのCMを久々にみたら涙がとまらなくなった

      2015/12/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

テレビコマーシャル・・・ つまりはCM。

みたい番組の邪魔をする憎らしい存在だが、ごくまれに「こいつぁすげぇ・・・」と心を奪われる作品が存在する。

おれが「このCMが1番だなぁ・・・」と思うのは『大和ハウス』が2011年頃に放送していた『ここで、一緒に』シリーズだ。

 

の作品に主演しているのは『リリーフランキー』と『深津絵里』

ふたりは夫婦なのだが、作中のふたりはぼちぼち喧嘩もする模様、CMでは[住まい]を中心に、喧嘩してしまったふたりの仲直りまでや、なにげない日常がえがかれているのだが

 

これが・・・めちゃくちゃ泣ける

 

のである、事実、今おれはこのCMのセリフを文字おこししながらブログをかいているのだが、なんか・・・ なんか涙が止まらない・・・

畜生・・・! ば・・・ばか・・・ べつに泣いてなんかいね~し! とにかく・・・ みてくれ。

 

『ここで、一緒に』篇

「また、どうでもいいことで喧嘩した」

「どうでもいいと思っているところがすでにダメ」

 

全4作あるCMの第1作目の冒頭はふたりの喧嘩からはじまる。

 

「歳とっても大事にしてあげない」

「いいさ」

「蹴っ飛ばしちゃうかもよ」

「いいさ・・・ そのかわり、俺より長生きしろよ」

 

う・・・わ。なんともいえねぇ・・・ この優しさ、バファリン越えてるよね? あれ・・・? 涙が・・・ あれ・・・ あれあれあれ? んんんんん? なんか・・・ とまらないんだけど?

 

「あやまれば許してあげる」

「そんな簡単に頭をさげる男じゃない」

 

というセリフがながれる場面があるのだが、作中のリリーフランキーはどこかの会社の営業なのだろう、

お客様に対して「申し訳ございませんでした!」と深々と頭をさげるシーンがある、

このあたりにも「うまくできているCMだよなぁ・・・」と思う。

 

 

『ここで、一緒に』初雪篇

「なんていったらいいのかな・・・」

「無理に言葉にしなくていいさ」

「言葉にしなくていいの?」

「言葉は万能じゃない」

「時間・・・かかっちゃうよ」

「何年かかってもいいさ」

せっかちに結果を急ぐ最近、「じわ・・・」っと胸にしみこむ一言だ。ごめん、涙で思考停止中、コメントがでてこない。

 

『ここで、一緒に』野党篇

「おでんたべにいかない?」

「おれはてんぷらがいいな」

いつだって意見ががっちり一致する2人が番(つがい)になれるわけではない、ちいさなことで意見がくいちがっても、

最後はひとつのところにおさまる・・・ いいことだなぁ~

とみていてほっこりする[野党篇]

結局ふたりだったらどこだっていいんだろ!!!!

 

 

『ここで、一緒に』嘘篇

https://www.youtube.com/watch?v=HkZCtWCOW9w

※こちらの動画は埋め込み無効のためYouTube上で閲覧してください!

 

のCMでは深津絵里がむずかしい仕事を抱えているのか? 元気がない・・・ とにかく落ち込んでいる、そこにリリーフランキーが捨て猫を拾ってくる話なのだが・・・

 

深津絵里は猫をみながら

「すこし元気になってきたよね」

とリリーフランキーに問いかける、

 

それにたいしリリーフランキーは

「あぁだいぶ元気になってきた」

と深津絵里のことをみながら答えをかえす。

 

「ねぇうそだったんでしょ? ひろったって?

元気がなかったのはあたしのことだったんだよね」

 

リリーフランキーは落ち込んでいた深津絵里を元気付けるために猫を買ってきていたのだ。

少々高すぎる買い物な気もするが、落ち込んでいる自分のために猫を買ってきてくれる旦那・・・ なんかいいじゃない笑

 

 

まとめ

ゆっくりと落ち着いた語り口調、大人の思いやり、安心感と温かみのあるBGMこのCMのもつ、そのすべてがすばらしい・・・

最高のCMと評価したい作品だ、CMに目が行き過ぎて「あれ・・・ これ・・・ なんのCMなんだっけ?」と本来の意味をもわすれてしまう。

パートナーとつまらないことで喧嘩してしまったとき、この動画をみて優しさを思い出してくれ。

以上、アディオス。

おねがい

瞬きを感じろ…(twitterでコシカワをフォローしよう)
コシカワダイキのtwitterをフォローしよう!


最後までよんでくれてありがとう!
このブログをFacebook、Twitter、なてなで共有していただけると、声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - 名言・格言 , , , , , , ,