デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

世界一どうでもいい世界一になった話[デジモンカードで頂点を掴んだ男物語]vol.8

      2015/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでの話し
第1話“いまのは『たまごっち』ではない、『デジモン』だ”
第2話“出会いは必然、別れ?そんなもの俺達にはこない”
第3話“岩を切り裂く男・・・師匠との出会い”
第4話“『井の中の蛙 大海を知らず』そういう言葉があります。 たしかに蛙は大海を知らなかったかもしれない。 だが、通用しなかったとは言ってない! 大海を知らなかった蛙の中にも十分大海に通用したやつはいたはずだ!!”
第5話“彼を知り己を知れば百戦殆からず”
第6話“どこにいても”
第7話“次々と押し寄せる熱波の中で、乾く僕はただひたすらに加速して輝く”


回のあらすじ
公式大会に出場したこしかわじゃが、決勝トーナメントへの出場者をきめる予選で神7のNO2佐藤と闘い敗れてしまうのじゃ、決勝ラウンドへの出場を逃したこしかわじゃったが、ベスト4以下のプレイヤーが出場する勝ち抜き戦でなんと20連勝を果たし・・・ある能力が開眼したのじゃ・・・!

 

第8話“伝説じゃなく神話になれる時代に”

2002年6月都内某所ー

高橋(神7)
5月におこなわれた『柏そごう』の大会・・・ 結果は千年が優勝したからよかったものの・・・ ありゃあ一体どういうことだ?

佐藤(神7)
・・・

 

 

千年
・・・なにがだ?

 

 

達郎(神7)
とぼけないでくださいよ、千年さん

加賀山(神7)
あんたがこしかわとかいうガキに余計なことを吹き込んだせいで

山本(神7)
俺たちの弟子は全滅だ、世間では「そろそろ世代交代」とも騒がれている、あんなぽっとでの小僧にゃ、後釜は勤めさせられね~。

ゴリさん(神7)
あんたは強い、だが勝手な行動をされては困る、こちらも必死なんだ、とにかく・・・ これ以上の入れ知恵はよしてもらおうか。

話は以上だ、今回のミーティングはここまで・・・ 解散だ。

 

 

佐藤
千年さん、あいつ、あの力もってますよ

千年
お前も気がついたか・・・

 

 

佐藤
7つの神・・・ 伝説といわれた時代に終止符をうつ存在・・・ なれますかね?

千年
・・・ふ

 

 

佐藤

なに笑っているんですか?

千年
伝説じゃなく・・・ 神話になれる時代がやってきたのかもな

 

 

佐藤

物陰から話しを聞いている男
・・・!(冗談じゃねぇ! こしかわ・・・ あいつはおれが潰す・・・!)

 

 

ジモンのアニメが開始され、3年と6ヶ月・・・ デジモンカード界をここまで牽引してきたのは紛れもなく神7だった。

だが、その神々も息切れしかけていた、それに加え当時小学生だった者たちは中学生になり、経験の中から知恵をつけ、確実に育ってきていた、

大人と子供の溝はうまろうとしていた。それもそのはず、大人は学業・就職・仕事で成果を残さなくてはいけない。

だが子供のにはそれらの拘束するものがない。つまりデジモンに打ち込む時間が確実におおいのだ!

 

かし・・・ デジモンの人気にもかげりが見えはじめていた、この時テレビで放送されていたのは『デジモンフロンティア』

『アドベンチャー』『02』『テイマーズ』など、これまで放送されていた作品より、明らかに人気はなく、視聴率も低下する一方・・・

「デジモンシリーズ最後のアニメ作品なのではないか?」と噂されていた。

 

ニメ人気の衰退がおよぼした影響はおおきかった!

カードゲーム人口の低下!

初期は40人参加していた一心堂の大会も、20名ほどに減った。

プレイヤーレベルの底上げ!

興味のうすかった弱者は引退した、必然的に実力のある強者がのこった。

さらに弱者は強者にコレクションゆずり去っていった。これにより、強者がグッーーーーーーーー! っとふえたのだ。

そうなると弱者はさらに淘汰(とうた)された・・・ デジモンカードは[戦国時代]に突入しようとしていた!

 

 

して舞台は一心堂へともどる・・・

――2002年7月

こしかわ
メイルドラモンに進化! 『アクセラレーター』! 『秘めたる力の発現』!

子供A
ち・・・『緻密な戦術!』

 

 

こしかわ
それに対し『緻密な戦術!』くわえて『争いはやめましょう!』次のターン!『秘めたる力の発現』『争いはやめましょう!』また次のターーーーーン!!! 『秘めたる力の発現』『争いはやめましょう!』

子供A
ひぃぃぃぃぃぃ~~~!!!!

 

 

大内
メッタうちだな、相手が気の毒になる。


前回の大会から読みの制度がグッとあがりましたからね、相手からしたら

 

 

子供A
ぼ・・・ ぼくのデックの中身をみているの?


あんな風におもえるのかもしれませんね

 

 

しかわにとってはデジモンカードバトルは新陳代謝と同じで[あって当然のもの]だった、つねに闘っている毎日、デックの種類や、戦法はすべて頭の中に入っていた、

故にこしかわの虚(きょ)をつくような戦法は存在せず、大半のプレイヤーはなにもすることができないまま敗れていったのである。

 

 

こしかわ
(神7以外には・・・ もう負けないな・・・ そして神7の中でも・・・)

ゴリさん
ぐっふっふっふ・・・

 

 

こしかわ
・・・半年以上前のことを覚えているか?

ゴリさん
あぁ・・・ あの時、お前は、俺の手のひらの上で無様に踊って負けたなぁ・・・!

な~に、心配するな・・・ 忘れていたとしても・・・

また今日の闘いがあの日を再現するッ!

木っ端微塵に弾けとびなぁッ!!!!

 

 

大内
ッ・・・! ついにはじまった・・・! 神7とのガチ勝負・・・! 今回の大会には千年さんがいない! ここを突破さえすれば!

 

対戦開始―

 

ゴリさん
・・・後攻は握られたか・・・ まあいい・・・

(すぐにこちらに後攻がまわる・・・ 千年と佐藤はあの日何か隠し事をしていた、それが何かはわからねーがこいつをこのまま放置しておくことは俺たちの時代の終わりを意味する・・・! こいつはここで再起不能に・・・)

こしかわ
・・・あ~ぁ

 

 

ゴリさん
!?

こしかわ
いけねぇなぁ・・・ 仮にも[神]と名のつく存在が勇み足・・・ 落ち着きがないったらありゃしない・・・

神ってのはもっと・・・ こう・・・ さ!

秘めたる力の発言

バン!!!!

 

 

ゴリさん
!?

(なんだ・・・?)

こしかわ
ど~んと構えてさ!!

争いはやめましょう

バン!!!!!!!

 

 

ゴリさん
こ・・・ これは・・・!

(後攻がキープされて・・・ オプションカードが使えない・・・!)

こしかわ
そう・・・ まるで・・・ 今の俺のようになぁ!!!

メイルドラモン

 

 

ゴリさん
く・・・ くりだす手・・・ くりだす手が・・・ すべてこしかわののど元に届く前に無効化されている・・・

・・・・・・・・・ッッこれじゃまるで、あの日の・・・

こしかわ
試合前に言ってたよな・・・「今日の闘いがあの日を再現になる」って。

・・・その未来、俺にも見えていたぜ・・・!

 

 

ゴリさん
こ・・・ こいつ・・・ そうか! そうか聴いたことがあるぞ! 未来・・・ 未来を見据える能力! 能力の名は・・・!

 

 

千年
スクルド

会場
せ・・・ 千年さん!!

 

 

千年
[スクルド] ・・・それは選ばれし者しかみにつけることのできない、まるで未来がみえているかのように行動できる能力・・・

やはりもっていたか・・・ バイトの合間に見にきて正解だったな。


(千年さん・・・ 28でアルバイトなのか)

 

 

こしかわ
ハッ!

能力だの・・・ 未来だの・・・ なんだっていい。

そんなことより、アンタの口からどうなったのか聴かせてくれよ

ゴリさん
ま・・・

 

 

その日―

 

 

ゴリさん
まけ・・・

 

 

長く続いた・・・ [伝説]と呼ばれた時代が

 

 

ゴリさん
まけまし・・・

 

 

終わりを迎えた

 

 

ゴリさん
まけましたぁ~~~!!

 

 

新たな時代・・・ その時代の名は

 

 

こしかわ
神7・・・ 越えたぜ。

 

 

おなじくして大阪

達郎(神7)
今日は一心堂の大会をゴリに任せてきたが・・・ なんなんだ・・・ あいつは・・・?

加賀山(神7)
2回戦、3回戦、4回戦と神7が相手をして・・・

山本(神7)
全員敗北・・・ そして今やっている高橋も・・・。

高橋(神7)
ま・・・ まけました・・・。

 

 

中村
ふ~~・・・ なんだ・・・? 神7って聴いていたからもっと強いのかと思っていたぞ・・・。

まぁ仕方ないよなぁ・・・

君たちはもっていない・・・

この・・・

スクルド[未来を見通す力]を

 

ンクロニシティ・・・

日本語訳で共時性(きょうじせい)

何らかの一致する出来事が、離れた場所で、ほぼ同時期に起きることがある。その現象を[シンクロニシティ]と呼ぶ

なぜ[シンクロニシティ]はおきるのか? その原因、因果性は現代の科学では解明されていない。

それはただの、神の気まぐれなのかもしれない。もしくは・・・

運命

 

つづく

 

これまでのお話はコチラ⇒[世界一どうでもいい世界一になった話]
他の連続小説は⇒[コチラ]
最後までお読み頂き、ありがとうございます
もし宜しかったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有していただけると声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - デジモン, デジモンカード , , , , , , ,