デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

twitterのお気に入り[☆]がいいね[♥]になっちゃったけど、おれは[♥]でいいと思うな!

      2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

 

 

twitterは先日、大胆な仕様変更に踏みきった、その影響で今、twitterを生業(なりわい)としていたものを中心に、大規模な論争がオッ始まっているのである。

以下一例である『ねとらぼ』の記事だ。

Twitterの星(お気に入り)がハート(いいね)に変更 「星を返せ」「用途が限定的になる」と反対意見目立つ

 

こしかわは、いいね[]賛成派だ

王』が『遊王』になったら驚くだろ!

これからは[ファボる]ってなんていえばいいの? ラブル!?

意味がかわってきてしまう・・・ 女性から男性へ、男性から女性へのいいね[]はしづらい・・・

 

などの意見がでているが、こしかわはいいね[]・・・ いいね・・・ 大賛成だ。

むしろ、夜空のお星様だって[]になってしまってもいい。ラブルでもTo LOVEるでもいい。女性にかんちがいされても、おれがかんちがいしたっていい。

Welcome! 新世界へようこそ! そう思っている。

 

なぜならば・・・。これは善戦を捨て、勝利を見据えた男の闘いだから

々調査してみたところ、twitter社には思惑がある、結論から言えば「よりおおくのユーザーに満足してもらうため」の改革なのだ。

“より”という表現には含みがある、2014年度、twitterのアクティブユーザー(twitterを活用しているユーザー)は全世界で2億8400万人・・・

Twitter・・・ 彼らは求めている。そう、

 

60億人の

 

以下、今回の騒動の背景だ。

Twitterは利用者層の拡大に苦しんでいる。

 

パワーユーザーやジャーナリスト、セレブなど(あるいは迷惑行為を行う「トロール」と呼ばれる人を加えても良いだろう)はTwitterをとても有効に活用しているようだ。

しかしその他おおぜいの人は「なんのために使うものなのか」を掴めずに、利用をやめてしまうケースも多い。

 

Twitterは近年、ますますこの問題に苦しめられつつある。誰も読んでくれないツイートを発することに人々は疲れ果て、人との繋がりが前提にあるFacebookの方に居心地の良さを感じるひとが増え続ける状況となっている。

 

ツイートして、しかし沈黙しか帰ってこなければ、ツイートすることの意味を考えてしまうだろう。Twitterを利用することが無意味だと感じてしまう人も多い。

 

TwitterおよびVineで、「星」による「お気に入り」を「ハート」の「いいね」に変えたのは、なんとか閲覧者からのレスポンスを増やしたいとする、Twitterの強い願いがこめられたものなのだ。

しかし、利用者層を広げたいと考えた時、「柔軟性」が「曖昧さ」に変わってしまう可能性もあるとTwitterは考えたわけだ。

 

Twitterは「星マークの意味がよくわからないという人もいました。とくに新しく利用をしてくれるようになった人にその傾向がありました。いろいろな発言に“いいね”と思うものの、“お気に入り”というほどでもないという人も多くいました。そういう人たちは“お気に入り”ボタンを押すのに躊躇いを感じていたようなのです」

 

つまりはこうだ

Twitterは現状では衰退し、SNSとしての需要がなくなってしまうと考えた。

 

今いるユーザーを満足させるだけではダメだ!

 

twitterはそう判断したんだ。Twitterは考えた・・・ 世界の繁栄を・・・ おおくの人々の笑顔を・・・ LOVE&PEACEを・・・

その結果が[]

Twitterは[これまで]という名の安泰を捨て[お星様仕様変更]という波乱・批判の中に飛び込んだ、

これほどに勇ましい姿があるだろうか? 俺たちにとってtwitterとはなんなのか? 道具? 暇つぶしの相手?

 

がう・・・ 戦友だろ!? その友が「おれ・・・ 挑戦してくるよ・・・!」と声を震わせ難関に挑むのだ。

覚悟を決めた友にかける言葉は「やめろ、考え直せ」か?

おれは「いってこい・・・ お前ならやれる」だ。

 

名言で〆る

ニメ『交響詩篇 エウレカセブン』の監督であった京田知己は、最終回で月面に大きなハートブッ描くことで一部の視聴者から

 

・いかれてやがる
・He is crazy・・・
・ギャグシーン?

 

と散々にたたかれた直後、こう語った。

 

「だって、空にあんなでっかいハートがあったら争う気なんておきやしないじゃないですか?」

 

エウレカ最終回

確かに・・・な・・・。

 

視できるで世界が救う・・・ そう思った末のチャレンジだったわけだ(※むりやり最終回決められた説もあり)

 

また、漫画『WORST』では5代目武装戦線の副ヘッド『柳 臣次』がこう語っている

 

「それがどーしたそーなったらそーなったでいいじゃねーか、それが六代目武装の姿だろーよ」

 

俺たちが抱える不満・・・ 破滅する未来の予感、これまでとちがった姿、体験に声を荒げたい気持ちもわかる・・・ だがもう・・・ 見守ろう・・・ そしてtwitterが帰ってこれる場所でいよう。

あちらさん(twitter)はもう・・・ 覚悟を決めちまったんだからよ・・・。

 

[]が戻ってくることもあるかもしれない。

その時はその時で受け入れてやろうじゃねえか。

それに、半年もすればきっと、いいね[]に順応してるって。

以上、アディオス。

 

こしかわの奇奇怪怪な日常は⇒[こちら]
最後までお読み頂き、ありがとうございます
もし宜しかったら、最後にこの記事をソーシャルメディアで共有していただけると声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - twitter, Web , , , , , , ,