デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

[CLANNAD]3年間見ること拒んでいた僕が、見た瞬間に拒んだ時間を泣きながら後悔したアニメ

      2016/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

 

まで見た映像作品で、1番泣いたのは? 答えられるかい?

おれは・・・ じつは超がつく泣き虫だ、ガラスの涙腺といってもいいだろう。これまで沢山の作品で泣いてきた。最近で言えば・・・

 

『永遠の0』
『STAND BY ME ドラえもん』
『エウレカセブン』
『アルマゲドン』
『バケモノの子』

 

の他にも沢山・・・ 「泣ける!」と言われるような作品には大抵泣かされた・・・

『恋空』とか、当時、童貞高校生だったくせに、バカみたいに泣いた。マジ、同時上映1リットルの涙だった。

 

楽でも泣ける。アニメ『寄生獣』のED『IT'S THE RIGHT TIME』や、

『スターダストレビュー』の『木蓮の涙』、『ELLEGARDEN』の『Make a Wish』こいつらは俺の涙腺を涙腺だとおもっていない、鬼畜の如し突破力で決壊させる。

 

いた作品は?」と聴かれれば、さまざまな作品が思い浮かぶ。

だがしかし、「1番泣いた作品は?」と聴かれれば、答えは刹那でかえすことができる・・・ それは間違いなく

 

CLANNAD』だ

 

CLANNADとは

ゲーム制作会社『Key』が制作した3作目の恋愛アドベンチャーゲーム、アニメ。または[人生]。
ある町を舞台にして起こる、主人公と、主人公が通う学園で出逢うヒロイン達との交流と成長の物語。学園編(全22話)、AFTER STORY(全22話)があり、本番はAFTER STORYからはじまる。

 

述にもあるとおり、原作はゲームだ。

く・・・ この作品について語ることがあまりにも恐れ多すぎて・・・ 指先が震えるぜ・・・。

数多のディスリスペクトを覚悟して「ただただ泣けた」ということを皆に伝えたい。

 

どれだけ泣けるのか?

ず、私の例を紹介させていただく。

全44話をみる中で泣いた回数は15回以上、内、嗚咽レベルの大泣きは5回、曲を聴いただけでの思い出し泣き3回、思わず叫んだのは2回だ。

 

なみに、私は普段アニメを見ない。高校生になってから、CLANNADに出会うまでにみたのは『エウレカセブン』のみ。

 

CLANNADとの出会い、それはエウレカとの出会いの直後だった。

2011年11月、エウレカセブンでいい涙を流した俺に対し、弟がこういった「いや・・・ CLANNADの方がやべーから」

 

ぁん? こんなに感動しているのに・・・ 上があるわきゃねーだろ!!

『CLANNAD』? どうせかわいい女の子出して、死なせて悲しむだけの下らない話しだろ? 意地でもみねーぜ・・・

そして、俺はこの作品を見ることを3年間も拒否したのだ。

 

なかった理由は他にもあった。

 

・アニメそもそもみない
・テレビの前でじっとしているのが苦手
・44話? 長すぎでしょ
・絵がきらい
・女の子が沢山でてくるハーレムものっておもしろくないよね
・CLANNADは人生? わけわからん

 

が、10話ぐらいみて、初めての涙を流した時、おれは激しい後悔に襲われた。

「なぜ・・・ なぜ、あんな下らないことで拒否していたのだろう」

 

して全44話をみおわった時には「もっと・・・ もっと、はやくこの作品に出会っていれば人生が変わっていた。」

そう心の底から思った程だ。

 

なみに、おれが所属する会社の社長さんも、この意見には完全に同意だった。

 

「CLANNADをみていないやつは人生損している」
「あれは卑怯」
「別格」

 

にが恐ろしいって社長もアニメはみないってところさ。

 

なにがそんなに泣ける?

Um・・・ すまない、具体的な話はさけさせていただく、なぜならばそれは君自身の目でみて、その身で体感してほしいからだ。

俺が泣いたポイントは[ひとりの男の人生]が描かれていた点だ。

 

りゃアニメなので、多少のハーレムや、過剰な演出はあるが、そんなものは本当にすこしだ。

大半は主人公である『岡崎朋也』の人生・・・ つまりは、成長、苦悩、葛藤、愛が描かれている。

 

かでも“愛”1人の人間を思うその姿勢、自分を育ててくれた人に対する“愛”それらの表現、演出がすべてヤバイ・・・

 

の作品をみたのは2014年の5月頃だったな、あぁ・・・ 今でも思い出し泣きしそうだ。

前半の22話は泣けはするが、号泣できるか? といわれれば「うーんぼちぼち・・・」といった様子なのだが(とかいいつつめっちゃ泣ける)

後半戦のAFTER STORYでは、全ての話が涙腺を襲ってくる、

 

ぁ・・・ はなしたい・・・ 少しだけおすすめポイントをネタバレさせてくれ

 

奥さんのお父さんと野球するとことか、

電気会社に就職して、出世しそうになるところとか

出産とか

泣いていい場所はどこなのか・・・ とか

子供がおもちゃさがすところとか

自分のお父さんの話・・・ あれで泣かないやつは人間じゃないな・・・

そしてラスト・・・ 俺はそこで叫んじまったよ

 

えなくていい、無防備で・・・ 何も考えずに・・・ YouTubeでも、レンタルでもなんでもいい、再生ボタンを押すんだ。

最強のデトックスを君に約束する。

 

CLANNADをみたらどうなるのか

言で結論を申す。[人に優しくなれる]

二言で伝える。[大事な人にもっとやさしくできる]

 

「たかだかアニメでなにを大げさな・・・」

 

う思うかもしれない、だがこれは事実だ、なぜならば俺も同じことを考えていた1人だからだ、

「大事な人をより一層大事にしたい」そう思わせる魔力がこの作品には秘められている。

とにかくみてほしい。

 

おわりに

際、23分×44話は長く感じるかもしれない、だがそれだけの時間を投資するだけの価値がある作品だ。

「アニメはちょっと」「時間が・・・」「萌え?」そんな先入感、固定概念は1度こなごなにして黙ってみてほしい。

 

てを見終わったとき、君の目には大粒の涙。口からは「ありがとう」がもれるだろう。

年末年始、実家で過ごす時間のお供にしてやってほしい。

以上、アディオス。

おねがい

ためしにTwitterとFacebookでコシカワをフォローしてみよう

 - CLANNAD(クラナド), アニメ , , , , , ,