デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

[CLANNAD]3年間見ること拒んでいた僕が、見た瞬間に拒んだ時間を泣きながら後悔したアニメ

      2016/12/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まで見た映像作品で1番泣いたのは? 答えられるか?

私は・・・“超”がつく泣き虫だ。ガラスの涙腺と断言しても良いだろう。これまで沢山の作品で泣いてきた。最近見た作品だと・・・

『永遠の0』
『STAND BY ME ドラえもん』
『エウレカセブン』
『アルマゲドン』
『バケモノの子』

その他にも沢山泣いた・・・。「泣ける!」と世間に評価される作品には大抵泣かされた・・・『恋空』とか、当時、童貞高校生だったくせに、バカみたいに泣いた。マジ、同時上映1リットルの涙だった。マジ。

映画、ドラマ、アニメだけじゃない。音楽でも泣ける。アニメ『寄生獣』のED『IT'S THE RIGHT TIME』や、『スターダストレビュー』の『木蓮の涙』、『ELLEGARDEN』の『Make a Wish』こいつらは俺の涙腺を涙腺だとおもっていない、鬼畜の如し突破力で決壊させる。

「泣いたた作品は?」と聴かれれば、さまざまな作品が思い浮かぶ。

 

だがしかし、「1番泣いた作品は?」と聴かれれば?

返答は刹那だ・・・それは間違いなく

『CLANNAD』だ

CLANNADとは

ゲーム制作会社『Key』が制作した3作目の恋愛アドベンチャーゲーム、アニメ。または[人生]。
ある町を舞台にして起こる、主人公と、主人公が通う学園で出逢うヒロイン達との交流と成長の物語。学園編(全22話)、AFTER STORY(全22話)があり、本番はAFTER STORYからはじまる。

前述したとおり、ゲームが原作だ。

く・・・この作品について語ることがあまりにも恐れ多すぎて・・・指先が震えるぜ・・・。

数多のディスリスペクトを覚悟して「ただただ泣けた」ということを皆に伝えたい。

 

どれだけ泣けるのか?

まず、私がどれだけ泣いたか一例として紹介させていただく。

全44話をみる中で泣いた回数は15回以上。その内、嗚咽レベルの大泣きは5回。劇中で流れる曲を聴いた瞬間の思い出し泣き3回。思わず叫んだのは2回だ。

ちなみに私は普段アニメを全く見ない。高校生になってから、CLANNADに出会うまでに見たのは『エウレカセブン』のみ。

「CLANNAD」と言う作品名を初めて耳にしたのはエウレカと出会った直後だった。

去る2011年11月。エウレカセブンでいい涙を流し終えた俺に対して、弟(職業プロボクサー)はこう言った

「いや・・・ CLANNADの方がやべーから」

「比べ物になんねーから」

あぁぁぁあん? こんなに感動している・・・なのに・・・上があるわきゃねーだろ!!

『CLANNAD』? どうせかわいい女の子登場させて、死なせて、悲しむだけの下らない物語だろ? ありきたり過ぎる、見る価値があるようにはおもえねーな。意地でも見ねーぜ・・・

そんなくだらない意地で、俺は『CLANNAD』という作品を見る事を3年間も拒否したのだ。

 

見なかった理由は他にもあった。

・そもそもアニメを見ない
・テレビの前でじっとしているのが苦手
・44話? 長すぎでしょ
・絵がきらい
・女の子が沢山でてくるハーレムものっておもしろくないよね
・CLANNADは人生? わけわからん

だが、結局見る事になった。2、3話見た段階では「あ~やっぱりありきたり。これが44話?ww 拷問かよwww」と思っていた。

しかし、10話を見た時、初めて涙が流れた。その時俺は激しい後悔に襲われた。

 

「なぜ・・・なぜ、あんな下らない理由で拒否していたのだろう」

 

そして全44話を見終わった時には

「もっと・・・ もっと、はやくこの作品に出会っていれば人生が変わっていた。」

そう心の底から思った。うそ偽りのない気持ちだった。これが24歳、成人した一社会人の感想だった。CLANNADはお遊びなんかじゃなかった。

 

ちなみに、私が勤務する会社の社長様も、私の意見に完全に同意だった。

「CLANNADをみていないやつは人生損している」
「あれは卑怯」
「別格」

何が恐ろしいか。社長もアニメはみないってところだ。

 

なにがそんなに泣ける?

Um・・・すまない。具体的な話はネタバレにつながる、避けさせていただく。なぜならば、それ(事実)は君自身の目で見て確かめて欲しい。そして、君自身の体と心で感じて欲しい。

一言だけ、俺が泣いたポイントを言及する。CLANNADで描かれるのはかわいい女の子でも、安い三文芝居でもない。「1人の男の人生」だ。俺にはそれが人事には思えないようになってしまった。気がついた時には見る前の自分はもういなかった。

そりゃあアニメだから多少のハーレムや、過剰演出はある。しかし、そんなのは本当に少し、ブレイクタイムに過ぎない。

物語の大部分、本質は主人公『岡崎朋也』の人生・・・つまり、成長、苦悩、葛藤、愛の描写だ。

 

中でも“愛”

1人の人間を思う姿勢。自分を育ててくれた人に対する“愛”

それらの表現、演出がすべてヤバイ・・・

 

この作品を見たのは2014年の5月頃だったな。あぁ・・・今でも思い出し泣きしそうだ。

前半の22話は泣けはする。しかし号泣できるか? と、問われば「うーんぼちぼち・・・」といった様子なのだが(とかいいつつめっちゃ泣ける)

後半戦のAFTER STORYでは、全ての話が涙腺を襲ってくる。

 

あぁ・・・話したい・・・少しだけ・・・おすすめポイントをネタバレさせてくれ

奥さんのお父さんと野球するとことか、

電気会社に就職して、出世しそうになるところとか

出産とか

泣いていい場所はどこなのか・・・とか

子供がおもちゃさがすところとか

岡崎のお父さんの話・・・あれで泣かないやつは人間じゃないな・・・

そしてラスト・・・俺はそこで叫んじまったよ

 

構えなくていい、無防備でいい・・・何も考えずに・・・YouTubeでも、レンタルでもなんでもいい、再生ボタンを押すんだ。

最強のデトックスを君に約束する。

 

CLANNADをみたらどうなるのか

一言で結論を申す。[人に優しくなれる]

二言で伝える。[大事な人にもっとやさしくできる]

「たかだかアニメでなにを大げさな・・・」君は思うかもしれない。

だが、これは事実だ、俺も同じ事を考えていた1人だからわかる。断言できる。

君は今近くにいる大事にすべき人をちゃんと大事にしているだろうか。するべき事をせずに過ごしていないだろうか。新たな価値観に出会う事で世界が変わるかも知れない事を理解しているだろうか。

 

「大事な人をより一層大事にしたい」そう思わせる魔力がこの作品には秘められている。

とにかくみてほしい。

 

おわりに

実際、23分×44話は長く感じるかもしれない。だが、それだけの時間を投資する価値がこの作品にはある。

「アニメはちょっと」「時間が・・・」「萌え?」そんな先入感、固定概念は1度こなごなにして黙ってみてほしい。

 

全てを見終わった時。君の目には大粒の涙。口からは「ありがとう」がもれるだろう。

君が生涯を共にする人の為にもCLANNADは見て欲しい。年末年始、実家で過ごす時間のお供にしてやってほしい。

以上。アディオス。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

[DVD] CLANNAD AFTER STORY コンパクト・コレクション D…
価格:6960円(税込、送料別) (2016/12/12時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

【新品】 CLANNAD AFTER STORY Blu-ray Box【初回限…
価格:44800円(税込、送料別) (2016/12/12時点)

 

The following two tabs change content below.

 - CLANNAD(クラナド), アニメ , , , , , ,