デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

【アニメ観てみた!】「えとたま」を観てみた。越川太紀のブログ

      2016/07/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉。

英語にするとサウザンドリーフ。ここにはなかなか人の勧めを素直に受け入れられない系青年がいる。

・今回はアニメを観て、感想をブログ記事にします。

「俺、画面の前でじっとするの苦手なんで。正直アニメよりアルマゲドンが観たいです」

■越川プロフィール

船越英一郎

恋に仕事に大忙しな等身大の25歳。ゴキブリを素手で倒せる力を見込まれ、なんとか食いつなぐ。蚊を絶滅させたい。

・今回みてもらうのはこの作品です。

えとたま
公式サイト

2015年の干支はひつじ
2015年。今年の干支はひつじです。

■「えとたま」とは・・・。
原作は「白組&タブリエ・コミュニケーションズ」
監督は「追崎史敏、平川孝充(CG)」
猫だって十二支に入りたい!擬人萌えキャラと化した十二支の物語。全12話
参考:wikipedia

にゃーたん

うげえぇーーーーーー!!俺、正直こーゆー「萌え~~!」みたいな作品に苦手意識があるんだよね、女の子が苦手とか、アニメが嫌いとかじゃなくて、なんか疑問に思うことが沢山あるよね。なんつーか・・・。こんな女性がいたらいいな~、こいつらは俺を裏切らない!みたいな妄想が詰め込んであって・・・「リアルじゃねぇ!!!」って思う。し、毎回こんな奴はいねぇって思う」。

■とりあえず観てみた。

「あ・・・ほら、1話目から・・・町中でかわいい女の子が12人も声かけてくるなんて全然リアルティがないと思いませんか・・・?おまけにこの人達露出激しくないですか?コレでは女性は強制わいせつ罪、男性は銃刀法違反で逮捕ですよね?」

「あ~マジコレないですね。いきなり男女が1つ屋根の下暮らしですか?おまけに男はその状況に少しもうろたえない・・・なめてますね。女性は住居侵入罪、男性は銃刀法違反ですよね?そのリボルバーから放たれる銃弾は放送ができないため作中では描かれていないだけですよね?今からでも教育委員会に告発して放送を止めるべきです。」

「今回のテーマは将棋ね・・・よおやりますね~~ww。うーん・・・。まぁぼちぼち面白いよ。」

「・・・・・・クスッ」

「戦闘が・・・デフォルトキャラなのはいいな・・・。なんか安心できる。」

「にゃーーーーーたーーーーーーーーーん!!!!!!」

「え?お前元々は強キャラだったん?」

「ちゅーたんええ奴やん。」

「ねぇ?今週のえとたま配信された?」

■結果

「結構おもしろかったです。」

・どんな所が?

「ん~、僕はそもそも今までアニメを少ししか見たことが無いので・・・こう、いい話はできないのですが、1番は主人公のにゃーたんのキャラクターに好感が持てました。あざとくなくっていいですね。」

「次に戦闘はつまらなかったのですが、レースや将棋などを織り交ぜワンパターンじゃない展開は飽きなかったです。」

「3つ目、展開が明るかった。最近はやりの小難しいシリアス展開はなく、すっきりさっぱり観れて後腐れが無いのが良かった。」

「最後、コレはネタばれになるのですが、ハッピーエンドはかなりいいですね。いい感じに作品に感情移入もなかったので「続きが気になる・・・」とも思わず、すっきり終われました。面白かったです。」

僕の中で最高のTVアニメ作品は「CLANNAD」「交響詩篇エウレカセブン」「寄生獣」で、この3作品の足元にも及ばなかったが、あなどれん・・・そんな印象です。それと「コレは確実にパチスロ意識しとるやろ・・・」と思える作画、演出なので興味ある人はさらっと観てみて下さい。

では。アディオス!

 - アニメ, えとたま , , ,