デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

南行徳駅徒歩1分。うどん屋&居酒屋「肉うどんの戸上家」が最高

      2016/07/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉うどんの戸上家

ハロー毎日がevery day
ーマンブロガーの越川です(@9130daiki)

今回は南行徳駅から徒歩1分。
うどん屋?居酒屋?肉うどんの戸上家にお邪魔した。

去る6月2日・・・。俺は上司に誘われこの店にやってきた。
駅から近いんだが、薬局屋やパチンコ屋が
ブラインドになり今まで発見できていなかった・・・。

店自体は目立たない場所にあるんだが
普段は予約しなければ入れない程大人気らしい。
この日は火曜でしかも時間は18時
奇跡的に俺達は脚を踏み入れることに成功したんだ・・・。

1.お店の感想

店の感想?そうだな・・・

「うまい」

の前に「仕事が丁寧なお店」
そう感じたね。

実に居心地が良かった。
実家のリビングで横たわるように、
何時間でもここにいたい・・・確かに感じたんだ。

2.お店と俺の関係~出会った瞬間、2人の物語は始まる~

そうだ・・・確か・・・・・・俺は・・・。

iPhoneの電池が切れかかっていたんだ
俺は・・・PCに充電器をつなぎ、
不自由そうにしていた・・・。

それを見かねた店員さんは
「あちらの席を使ってください・・・
そこにはコンセントもありますから・・・」
と・・・そっとささやいたんだ。
この気遣いだけでご飯3膳平らげた錯覚を見たよ。

そしてこの店は刺身もワンダフルらしい、
しかし2人で来店した俺達には少々BIGサイズらしく
俺達はその懐に踏み込めずにいたんだ・・・。

俺は心の中で「今日は上司がご馳走してくれるしなぁ・・・」
とつぶやいていた、するとどうだ?

この店には心の電波を受信する機器があるらしい
店員さんから「2人用の刺し盛り・・・準備いたしましょうか?」

懐かしい響きだった・・・
まるで海。潮の満ち引き
砂浜の砂が海水で湿らされ
静かに時間だけが過ぎていく・・・この音色・・・

この優しい優しい音色を最初に聴いたのはいつだった?
社会人になった時?大学生だった時?
いや違う、高校生?中学生?小学生?幼稚園?

Non!!
答えは“BOTAI(母体)”

生まれる前に母のおなかの中で聴いていた
優しいサウンドだったんだ・・・。
そうだったんだ。

3.肝心の料理

南行徳肉うどんの戸上家

俺達が注文したのは

水ナス、サラダ、刺し盛り、卵焼き、豚のから揚げ

味は勿論文句なしだ。厳しいことをいえば
「これよりうまいものを食ったことがない!」
の水準(Level)ではないがうまい。
薄味だがしっかりと味付けがされており
こだわりが随所に見られ、これまた丁寧な味だった。

また、水ナスのようなチェーン店で
いただけないものを味わえるのは非常にありがたい。
メニューも多彩だった、全て食すには
何回予約すればいいんだいブロッサム?

提供タイミングもパーフェクトだった。
机いっぱい、と思ったら一度提供をやめる気遣いが見られた。

金額は俺のような庶民には、安いとはいいがたかったが
ボリューム満点でコストパフォーマンスが最高だった。

早くも訪れた満腹感でうどんへの挑戦権は辞退させていただいたが・・・
隣の客を見ていて目俺は酷く後悔したよ。そして確信したんだ。
「あのうどんを食べなかった僕は人生の1/10を損した」

ってね。来店したあの日から今日まで心の中の
「うどん食べたい欲求」がおさまらないんだ、
膨れ上がった欲望は自らを飲み込む・・・そうだろ?

3~4人で行き、4~5品頼み、最後はうどんで〆る
あの店の正しい楽しみ方はこうなのかもしれないな。

4.その他に気がついたこと

ちなみにアルコールの種類も豊富なようだった。
冬場は熱燗×うどんでまず間違いないだろう。

5.最後に

東西線には穴場スポットが多数存在している。
いつも西船橋や西葛西で大味な
料理をたしなんでいる君は世界を広げる意味でも
是非探索を行って欲しい。南行徳には他にも
16時にはしまってしまう激うまカレー屋や
1,000円で5種類の味を楽しめる小粋なとんかつ屋など
隠れグルメが多数存在しているぜ。

アディオス。

 - グルメ, 外食 , , , , , , ,