デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

ハイパーパスタチャレンジ(#HyperpastaChallenge2015)

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【開催趣旨】

「グラムでは計れない、価値がある。」
「パスタだって、すごいんだぞ!」
「おいしいパスタ作った私だって、むくわれたい。」

現状ではパスタに対するアワードがない。

しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのパスタを作り出している。

それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、

その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる

(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

アワード形式にすることで、コック・パスタ・おいしいパスタつくったお前を表彰することも目標のひとつ。

【概要】

・食したパスタから印象に残ったパスタを2本だけピックアップする。

1本は自らが制作に関わったパスタ、もう1本は人のパスタとする。

・参加者はそれぞれのパスタを選んだ理由を、パスタ等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も

2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #ハイパーパスタチャレンジ #HyperpastaChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のパスタヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、

孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・〆切は存在しない。

【評議会】

本年は下記2名により評議会を開催。有効得票数による部門別アワード(※予定)と、印象に残ったコメント
をピックアップして(何らかの形で)報告する。

・コシカワダイキ
・湘南乃風(featおいしいパスタ作ったお前)

 - 分きざみ日記