デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

俺達は童貞となんら変哲のない存在、むしろ童貞と言ってよいかも知れない存在

   

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※本記事は50%の偏見と、40%の適当、10%の経験を元に作成されています

前提:「俺達」の定義
・10代後半~20代前半
・男性
・未婚
・ブログにかかわらずインターネット上で定期的になにかを更新している
・業務以外で1日3時間以上インターネットにふれている
・意識高い系という自負がある

本日未明、とある投稿が私の目にとまった

本日未明、とある投稿が私の目にとまった

投稿は一言で現すならば“叫び”だった、簡単に説明すると20代そこそこの若造ブログ書きが、夫婦のあり方に対して失礼な発言をしたというものだ。

なるほど・・・家庭には家庭毎にStyleがあるもの・・・腹が立つのもしかたがないことだ・・・原辰徳だ!! 私が同じ事をされたらとりあえず本人を呼び出し一 “喝” 入魂であろう。だがしかし、これは私に降りかかった火の粉ではない、よって私が腹を立てることはないのだ・・・

しかし私は“ある事象”に怒りを覚えている・・・私は以前からうすうす思っていた

俺達は恋を語れない、なぜなら俺達は童貞となんら変哲のない存在だから、必然、恋の先も語れない、なぜならむしろ童貞だから

俺達・・・正確にいうと年齢は20代そこそこで、未婚で、毎日のようにブログ書いて、パソコンの前で5、6時間過ごしている俺達・・・俺達ってさぁ・・・

「もてる」「もてない」どっち? で分けると、十中八九「もてない」側の人間・・・だよね・・・? 

俺達はさぁ・・・女人(にょにん)といちゃこら・・・できないから・・・できない分・・・暇だから・・・時間があるから・・・「なんかやることねーかな・・・インテリっぽいやつ!」ってノリでブログとかSNSとかにそれっぽいこと書いてるわけじゃないっすか!

 

恋を語れば俺達は「ソーシャルペテン師」になってしまう

この前あるブログでね、「昔の彼女がダメ女だった」「ダメ女から俺は学んだ」的なことがキリ・・・ッと書いてあったわけですね(もちろんタロウさんじゃないですよ)

僕はそれをみて「ウヒャアァーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」と赤面してしまったわけです

だって・・・俺達の恋人はネットじゃん! ウェブじゃん! 俺達はさぁ・・・人に語れるほど愛だ、恋だ、経験してないじゃん!

ことの発端となった投稿に話を戻すと、ましてや夫婦問題・・・夫婦だよ、foofoo。俺達はその領域にたどり着くまでに幾つの障害と対峙するのだろうか? まずは女性と話をするところからはじめて、彼女作って、童貞卒業して、気の遠くなるような工程を積み重ね行きつく先「夫婦」、アンタッチャブルゾーン突入なわけだ!

それ以上いけない

俺達・・・語ることはできるよ・・・ブログにさ“愛”や“恋”ってやつを・・・だがよく知らない、つまりだ、あんまり「こうだよね」的なことを言える道理がない!!! えぇ! ない! はい! はい! はいはいはいはいはいはいはいはい!!!!

 

ソーシャルペテン師にならない為に俺達が語るべきこと

俺達のゾーンは「SNS上の友人をリアルより増やす方法ありますよ~」とか「ブログの閲覧数増やす方法」とか、情報に疎い人が知らないような情報を検索エンジンフル回転で見つけ出して「おれ、こんなこと知ってるぜ(ドヤ)」・・・のはず、な・ん・だッツ! そっちは入っちゃいけないんだ~~~!

たしかにね、風潮というかなんとういか、イケダハヤトさんみたいに鋭い意見で注目を集めたい・・・みたいな思想もあるかもしれないけど、イケダハヤトさんもナーバスな問題にはかなり丁寧じゃないっすか! 奥さんいるしさ、お金持ちだしさ、なんとなく「まぁ。うん、納得・・・できるわぁ」というね? なんかね? あるじゃないっすか? 雰囲気が! イケダハヤトさんは童貞じゃないし!

だけどもだけども俺達は童貞となんら変哲のない存在 

 

俺達に必要な心得

つまり“女性を知らない”俺達に必要なのは目の前のパソコンじゃない、保険の教科書なんだ・・・。

世間を語るもよし、仕事を語るもよし、政治を語るもよし、ライフハックを語るもよし、金儲けを語るもよし、書籍を、映像を、音楽を、食を語るもよし

だが“女”はやめておけ、なぜなら・・・俺達は童貞だから・・・

以上、アディオス。

フォロミーベイベー!

・Twitterで戯言をチェック
 
 ・Instagramでオシャンな気分になるInstagram

・Facebookページをフォローしてとことん付き合う

・Feedlyで購読する
 follow us in feedly

 

最後までよんでくれてありがとう!

このブログをFacebook、Twitter、なてなで共有していただけると、

声を上げて飛び上がるほどに嬉しいです。

 - しょーもないこと