デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

ネットのデジモンカードデック紹介を見て懐かしくなったから「カードフェスタ春の陣」大会優勝デックを書き記す

      2017/05/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジモンアドベンチャー tri.が放映されてからデジモンが懐かしくて仕方ない。最近は懐かしのデジモンカードについて調べる事が多くなった。

驚いたのは、カードの最終弾が販売されてから12年経つというのに、未だ旧デジモンカードでデック(遊戯王でいうところのデッキ)を構築し、非公式大会で実力を競い合う者達がいるそう。

ネットにはその人達が考えたデックがいくつか紹介されている。

「俺が大会で勝ったデックはどんなんだったけなぁ・・・」と思い返すとすらすら~と思い出す事ができた。人間本気でやってた事は身に染み込んでいるもんなんだなぁ・・・と思いつつ、忘れてしまうのは勿体無いのでここで晒して記録しようと思う。

ブリザーモンデック

このデックは2004年3月に開催された「カードフェスタ春の陣」で使用し、予選ラウンドから決勝まで無敗で、優勝したデックだ。参加人数はとっても曖昧だったけど、予選ラウンドが200だか、300人だかで、決勝は予選ラウンドを5連勝したのが早かった32人で争った。

当時中学生だった私は「誰も使っていないデックを作りたい」と考え、結果、ブリザーモンを使用した。

ブリザーモン

ブリザーモンの効果は「相手「[DS]に属さないデジモン」全てをダークエリアに送る(「レベルIII」「ハイブリッド体」や、既にバトルの終了しているデジモンは除く)」・・・適当に訳すると水属性じゃないデジモンはバトルしなくても消しちゃうよ!という感じで非常に強力。

氷のスピリットB

加えて進化に使う「氷のスピリットB」の効果「出現したデジモンはバトル中、手札の「ボクたち優等生」1枚をポイントゲージに重ねると攻撃力が+300される(最大1枚)。その後、自分のポイントを30回復する」という回復能力まであって無敵!と思うかもしれない。

しかし、ブリザーモンには決定的な弱点が・・・それが「アーマークラッシュ」

アーマークラッシュ

効果は・・・「相手オプションカードの効果を受けない」能力・効果を無視して「アーマー進化」「スピリット進化」デジモンをダークエリアに送る(既にバトルが終了しているデジモンは除く)」

つまり、どんなに苦労しても、コストなしで使用できるアイテムカード1枚でブリザーモンは対策できてしまうのだ。

「じゃあブリザーモン弱いじゃん!」と思うかもしれないがめちゃくちゃ強かった!実際大会でも準決勝まで圧勝し、最終的に優勝する事ができた。具体的にどんなカードでデックを組み、何をしたかは以下!

デックレシピ

Bx-60 ゴマモン×1
Bo-774 マンボモン×3
Bo-773 ゲソモン×3
Bo-993 シーラモン×2
St-698 ブリザーモン×3
St-743 氷のスピリットB×3
St-489 僕たち優等生×3
Bo-20v デジヴァイス01×3
Bo-603 緻密な戦術×3
Bo-752 地底湖×1
Bx-68 イージス×1
St-300 防御プラグインC×3
Bo-71t デジノーム×1

サイドデック

アーマークラクラッシュ
僕たち優等生
争いはやめましょう
イージズ
ノイズブースター
秘めたる力の発現
その他複数

戦法

戦法は単純。ブリザーモンの役割は除去と回復のみ!役割を果たしたら自分で「アーマクラッシュ」を使用しゴマモンに戻す。そこからゴマモンで毎ターン力勝負を挑み、バトルに勝利し続けるだけ。

ブリザーモンの登場タイミングは、ゴマモンが勝てないような敵が登場し、バトルで負け、後攻になった次のターンのみ。

デジヴァイス01で入れるのは基本的に「僕たち優等生」で固定し、体力回復要因を充実させる。体力回復が必要ない格下が相手ならば勝負を早める事ができる、「防御プラグインC」や「秘めたる力の発現」「ノイズブースター」を加えていた記憶がある。

デジヴァイスで補強しない素の状態で90回復でき、補強すれば最大で180回復できるわけだから、単純計算で100vs280になるわけですね。実力者しかいない決勝ラウンドも4回戦まで0vs100で勝利していたので、相手が「マジかよ・・・」って顔する程強い戦法でした。

勝因

当時、大会に参加する実力者の殆どは以下デックを使用していた。

・ブラックグラウモン
・メイルドラモン
・インプモン
・ルーチェモンフォールダウンモード
・アルダモン
・ドーベルモン

「ルーチェモンフォールダウンモード」「アルダモン」を除いた殆どのデックが、「争いはやめましょう」「戦術的後退」を使い、バトルをかわし、ポイントを減らせるオプションカードで勝負をつけるテクニック派デック・・・つまり、力勝負が苦手な感じ。

そんな敵には、ゴマモンを「地底湖」+「マンボモン/ゲソモン/シーラモン」で毎ターン強化し、攻撃力700以上の状態で毎ターン攻撃する。すると「争いはやめましょう」「戦術的後退」の合計枚数6枚分は勝負を避けられるが、それ以降はポイントを減らさざるを得ない状況になってしまうわけで、下手に反撃して後攻をブリザーモンに譲れば除去&体力回復で劣勢に追い込まれてしまうわけです。

パワー系カードはブリザーモン1枚で封じれるので問題なし!

唯一の不安はラーナモンだったが、決勝トーナメントに残れるデックではなく、大会で一度も対戦しなかったのも幸運だった記憶。仮に対戦したとしたら・・・防御プラグインC+ノイズブースター+援護で攻めれば、2~3回はゴマモンがバトルで負けても、要所で回復して、攻め続ければどこかでラーナモンがゴマモンに負けて30ダメージ、それを4回繰り返して楽勝な気がする。

最後に、今の環境でこの戦い方は通じないと思う

めっちゃ強かった、少なくともあの大会から暫くは負ける気配がなかった。だから、今でも通用するんじゃね?と思っていたけど2005年に登場した「マタドゥルモン」「ヴォルクドラモン」には全然勝てる気がしない。あと「デ・リーパーADR06+デスマッチ」のコンボも突破できなさそう、後者は「チィリンモン」組み込めば戦えそう・・・って思ったけど、マタドゥルモンは10回やって2、3回勝てればラッキーぐらいな気がする。ノイズブースター、忠誠心を消してる間にブッ殺されそう。

スロットに頼らない戦い方をすればいいのかな・・・スロット流された後にカードを伏せるとか、援護を複数枚置いて化物パワーで戦うとか。でもそれだとマタドゥルの対策に力が入りすぎて他に負ける気がする。

ヴォルクドラモンはブリザーモンじゃ勝てないわ、スコスコやってる間にクロックモン、キュートモン、デジモン墓場、力の渇望でゲージ詰まれて終わると思う。つーか、この2枚に勝てるのって、この2枚だけでしょ。使ったことないけど。2つの対策を同時にする方法が浮かんでこないもん。

アルカディ+力を強化する戦法+アルカディから進化できてメイン張れるカードで戦う戦法+回復みたいなぶっ飛んだ戦術がいいのか・・・?10年以上勝負してない俺にはもうわからんわ。

一つ言えるのは、今、またデックを組んで大会に出ろと言われたら間違いなくマタドゥルモンで組む。で、マタドゥルとヴォルクドラ対策だけ考える。んでもって、マタドゥルvsマタドゥル、マタドゥルvsヴォルクドラみたいな運ゲー対決して、勝率5割みたいになる。

ま、そんな何が楽しいのかわからん糞ゲーやらんがな。

The following two tabs change content below.
「ちょっとだけ笑える」をテーマに更新しています。キャラは定めません。

 - デジモン, デジモンカード , , , , , ,