デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

先手・後手おかまいなしのワンキル「植物リンク」のデッキの採用カード・戦法・対策まとめ

      2018/02/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遊戯王初心者が最近はやりのデッキは何が使われていて、どのような戦法で戦って、何が弱点なのか調査・まとめする記事です。

今回は「植物リンク」

ローンファイア・ブロッサム

大会結果

ウェブサイト「遊戯王☆カード検索」を参照させていただくと、2017年12月4日から入賞者のデッキとして名を連ねている。

大会名:第7回レイピーCS 2位C
開催日:2018年1月14日
結果:2位
禁止・制限:2018年1月1日
大会参加人数:52チーム(156名)
デッキレシピ:https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=303234

大会名:第68回トレカマニア遊戯王CS 3位
開催日:2018年1月13日
結果:3位
禁止・制限:2018年1月1日
大会参加人数:64名
デッキレシピ:https://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=303031

植物リンクの強み・特徴

植物リンクは、相手に何もさせず先手・後手に関係なく1ターンで勝利する「ワンターンキル(以後ワンキル)」を狙うデッキです。

これまでも、ワンキル狙うデッキは無数に存在したそうですが、このデッキは必要なパーツが少ないので初手で揃う可能性が高く、展開パターンと対戦相手の妨害への妨害も行う為、2018年1月リミットレギュレーション発表以降に猛威を振るっています。

植物リンクデッキでよく使われるカード

モンスター

増殖するG
ダンディライオン
捕食植物オフリス・スコーピオ
捕食植物ダーリング・コブラ
ローンファイア・ブロッサム
終末の騎士
にん人
フェニキシアン・クラスター・アマリリス
グローアップ・バルブ
幻獣機オライオン
灰流うらら
BF-隠れ蓑のスチーム
亡龍の戦慄-デストルドー
イービル・ソーン

アロマセラフィ-ジャスミン  

外神アザトート

捕食植物オフリス・スコーピオ

魔法

簡易融合
おろかな埋葬
死者蘇生
増援
ソウル・チャージ
ワン・フォー・ワン

エキストラデッキ

外神ナイアルラ
外神アザトート
リンクリボー
アロマセラフィ-ジャスミン
水晶機巧-ハリファイバー
彼岸の黒天使 ケルビーニ
プロキシー・ドラゴン
サモン・ソーサレス
ライトロード・ドミニオン キュリオス
トポロジック・ボマー・ドラゴン
ファイアウォール・ドラゴン
ミレニアム・アイズ・サクリファイス(※使用率90%)

サイドデッキ(※使用率が40%を越えているカードを記載)

ハーピィの羽根帚
ツインツイスター
拮抗勝負
海亀壊獣ガメシエル
彼岸の悪鬼 ファーファレル
エフェクト・ヴェーラー
浮幽さくら
D.D.クロウ
神の通告
シャドール・ドラゴン
幽鬼うさぎ

植物リンクの戦法

使用されるカード

紹介するパターンでは21枚のカードが使われる

ローンファイア・ブロッサム×2
捕食植物オフリスク・スコーピオ×1
捕食植物ダーリング・コブラ×1
アロマセラフィ―ジャスミン×1
簡易融合×1
ミレニアム・アイズ・サクリファイス×1
イービル・ソーン×3
サモン・ソーサレス×1
グローアップ・バルブ×1
水晶機巧-ハリファイバー×1
BF-隠れ蓑のスチーム×1
リンクリボー×1
ライトロード・ドミニオン キュリオス×1
ダンディライオン×1
ファイアウォール・ドラゴン×1
セキュリティ・ドラゴン×1
フェニキシアン・クラスター・アマリリス×1
トポロジック・ボマー・ドラゴン×1

初手手札

ローンファイア・ブロッサム+コストの捕食植物モンスターカード+植物モンスター
※この時に「イービル・ソーン」が手札にあるとデッキから特殊召喚する効果が使用できない為、イービル・ソーン依存の場合コンボは失敗する。

展開

  1. ローンファイア・ブロッサムを通常召喚
  2. ローンファイア・ブロッサムの効果で自身を墓地に送り、再度ローンファイア・ブロッサムを特殊召喚、再度効果を使いデッキから捕食植物オフリスク・スコーピオを特殊召喚。
  3. 手札1枚をコストに捕食植物オフリスク・スコーピオの効果を発動、デッキから捕食植物ダーリング・コブラを特殊召喚し効果で簡易融合を手札に加える
  4. 捕食植物ダーリング・コブラと捕食植物オフリスク・スコーピオでアロマセラフィ―ジャスミンをリンク召喚
  5. 手札誘発(うらら・うさぎ・ヴェーラー)の防止を目的に、簡易融合でミレニアム・アイズ・サクリファイスを特殊召喚
  6. アロマセラフィ―ジャスミンの(2)の効果で融合モンスター(ミレニアム・アイズ・サクリファイス)をリリースしイービル・ソーンをデッキから特殊召喚
  7. イービル・ソーンの効果でイービル・ソーン2体をデッキから特殊召喚する。内1体はジャスミンのリンク先に召喚
  8. ジャスミンとイービル・ソーンでサモン・ソーサレスをリンク召喚
  9. ソーサレスの(2)効果でグローアップ・バルブをデッキから特殊召喚
  10. バルブとイービル・ソーンで水晶機巧-ハリファイバーをリンク召喚し(1)効果でBF-隠れ蓑のスチームをデッキから特殊召喚
  11. 墓地のグローアップ・バルブを効果で自己蘇生し、それを素材にリンクリボーをリンク召喚
  12. サモン・ソーサレス、リンクリボー、BF-隠れ蓑のスチームの3体でライトロード・ドミニオン キュリオスをリンク召喚し(1)効果でダンディライオンをデッキから墓地に落とす
  13. 隠れ蓑のスチーム(1)効果でトークン(A)を生成し、ダンディライオンの効果でトークン(B)(C)を生成
  14. ライトロード・ドミニオン キュリオスとトークン(A)でファイアウォール・ドラゴンをリンク召喚
  15. トークン(B)をリリースし墓地のリンクリボー(2)効果でファイアウォールの下に自己蘇生、リンクリボーとトークン(C)でセキュリティ・ドラゴンをリンク召喚
  16. チェーン(1):ファイアウォール(2)の効果
  17. チェーン(2):ファイアウォール(1)効果の順で効果発動
  18. ファイアウォール(1)効果処理でローンファイア・ブロッサムを墓地から手札に加える
  19. ファイアウォール(2)効果処理でローンファイアを手札からフィールドに特殊召喚
  20. ローンファイアの効果でフェニキシアン・クラスター・アマリリスをデッキから特殊召喚
  21. ファイアウォール・ドラゴン、セキュリティ・ドラゴン、フェニキシアン・クラスター・アマリリスの3体でトポロジック・ボマー・ドラゴンをリンク召喚
  22. フィールドにトポロジック・ボマー・ドラゴン、墓地にアマリリス+植物族モンスター10枚が揃う。エンドフェイズにフェニキシアン・クラスター・アマリリスの効果で自己蘇生→トポロジックの(1)効果で自動破壊→アマリリス効果で800バーンのループを10セット行えるので、合計8000バーンダメージを与えワンキル成立

これは一例で…ホンマに一例…パターンはいくつもあるし、一説だと初手で何かしらの植物があれば展開できる!という話も。植物何枚入ってると思ってんねん。

手札状況によって、更に妨害されずらい展開でワンターンキルを行える。にん人、終末の騎士を絡める展開だと、ミレニアム・アイズ・サクリファイスが場に残り、最終的に外神アザトートまで展開され、手札誘発を終始使える事なくワンキルされる。

植物リンクの弱点

誘発対象の第一候補はハリファ、サモソ、ジャスミン

うらら、うさぎ、無限泡影、要するに手札誘発のぶち込み先第一候補はハリファイバー、サモン・ソーサレス、アロマセラフィ-ジャスミンこいつらがうさぎで消えたり、サーチ効果が止まるのが一番痛い。

ハリファイバー

サモンソーサレス

そんでもってベストはハリファにうさぎ。

終末の騎士通常召喚→デストルド→ハリファみたいな流れだったら、場に残るのはハリファから登場するチューナーのみになる。

手札が悪ければ止まる可能性あり、こちらが他誘発を握れば可能性はより高くなる。だが全然安心できねぇ、植物リンクは展開パターンがあり過ぎる、そもそも全展開パターンを把握できていない。

仮に止めても墓地が肥えてたり、手札が良ければワンフォ、にん人、スチーム、ダンディライオン、グローアップ・バルブ、簡易融合、おろ埋、死者蘇生、ソルチャで動いてきて、結局ファイアウォール出されて展開される。。。という事がある。

フォトンスラッシャー

加えてフォトンスラッシャー→終末の騎士→外神ナイアルラ→外神アザトートと展開されるとより対応が難解。

アザトまで展開されるとうらら、うさぎ、増Gが使用不能になるので、ハリファ、サモソ、ジャスミンまでうさぎ取っておくプランは廃止で、終末に打つことになる。

すると墓地にデストで→ハリファ→オライオン→サモソ→手札植物召喚→ロンファと…怒涛の展開力を見せつけられる。大会だったらその間、自分は横の宅を観戦する羽目になる。うさぎ後のハリファに無限を打ちこむ為、最低でも2枚の誘発を有さないと対応できない。ほんまに壁とやって欲しい。

デュエル中に1度しか使えない効果

下記の2枚は効果をデュエル中に1度しか使用する事ができない。どちらかの効果を1度使用した場合、若干弱体化します。

  • 捕食植物ダーリング・コブラ
  • BF-隠れ蓑のスチーム

特に「捕食植物ダーリング・コブラ」は「簡易融合」のサーチ、「アロマセラフィ―ジャスミン」のリンク召喚素材となるキーカードなので、止められると若干困る、ほんと若干。いくらでも展開パターンがありやがる。

デッキから特殊召喚される要員が初手で全て手札に来る

アロマセラフィ―ジャスミンの効果対象となるモンスターと、イービル・ソーンはデッキからのみ特殊召喚できる為、手札に有してしまうと展開が止まってしまう。ただし、イービル・ソーンは採用されないデッキの方が多くなっている為、大きな問題ではない。

簡易融合使用前にメタカードを使用する

「簡易融合」を使われてしまうと「ミレニアム・アイズ・サクリファイス」を召喚され、手札誘発モンスターを無効化されてしまう。なので、妨害をするならその前という事になる。具体的には以下の方法がある。

  1. 「灰流うらら」「エフェクト・ヴェーラー」を「ローンファイア・ブロッサム」「捕食植物オフリスク・スコーピオ」「捕食植物ダーリング・コブラ」に使う、これらの効果は全て「デッキからカードを手札に加える」効果なので、「灰流うらら」が有効、「エフェクト・ヴェーラー」で効果を無効化すればサーチもできないので展開は止まる。
  2. 「アロマセラフィ―ジャスミン」のリンク召喚素材となるモンスターに「幽鬼うさぎ」で、リンク素材がなくなるので展開を遅延させる事ができる
  3. 「簡易融合」にチェーンして「接触するG」を使えば、相手の手札にチューナーもしくはモンスターカードが悪ければ展開は止まる
  4. 「簡易融合」にチェーンして「アーティファクト-ロンギヌス」で「フェニキシアン・クラスター・アマリリス」の除外効果を防止すればダメージを受ける事はなくなる。
  5. 「簡易融合」にチェーンして「浮幽さくら」を使用し、「トポロジック・ボマー・ドラゴン」を除外する
  6. 「トポロジック・ボマー・ドラゴン」に「夢幻泡影」で効果を無効化する

つまり1セット目に「捕食植物ダーリング・コブラ」の効果を使わせ、そこに対し、上記の妨害を行えば2セット目以降は「捕食植物ダーリング・コブラ」を起点としたコンボを行う事ができないので、展開が遅くなった所を狙い打てる。

魔術師であれば、展開力を生かし、ビートダウン、彼岸であれば罠や「浮幽さくら」で構えて丁寧に裁き切れば無力化する事ができる。

「簡易融合」が使われるまでに行われる特殊召喚の回数は2回なので、「増殖するG」を妨害されなければ、2枚までドローが可能、つまり初手の5枚、もしくは増殖するGによって増えた手札6枚の中に「灰流うらら」「アーティファクト-ロンギヌス」「浮幽さくら」があれば確実に1ターン目のワンターンキルを阻止する事ができる。

まとめ

手順さえ覚えれば誰でも使える気がする。これでもたつかれたらさぞかしイライラするので遊戯王も将棋と同じく持ち時間制にして欲しい。

The following two tabs change content below.
「ちょっとだけ笑える」をテーマに更新しています。キャラは定めません。

 - 遊戯王 , , , , , ,