デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

お前は・・・何者なんだ?自己紹介ブログです

      2016/11/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

者、SNSのフォロワーが増えたので自己紹介ブログです。

自己紹介…。ちょっと苦手なんですよね。改めて書くことなどないからね!それにさ!なんか「わざわざ説明することかぁ!?」ってことが沢山だと思うんですよね。

だがしかし、自己分析は生きていく上でかなり重要なんです。例えばさぁ、面接で活躍するよね!

「自分はこれまでどのような経験をして、何ができて、何ができなくて、どのような可能性がある人間なのか?」

面接は自分を披露する舞台ですから、自己分析ができない人はうまくいかないわけですよね。

あまり得意ではない・・・しかしだ!

「できなくてはいけないもの!」と認識した!なので、だらだらと書き綴りたいと思う、~シャアァァァ!!!書くからには5,000文字は書くぜ!シャオラァァ!!!!!

 

俺とは

普段はWeb関連の仕事をしています。ウェブコンテンツの運用サポートとか、案件のディレクターとか、営業窓口的な事も。ウェブサイトに関するアドバイスはSEOの事ならちょいっとできます。ブログはあくまで趣味ポジションです。いつかこいつが大金を稼いでくれる事を願ってます。

最近は「ファシリテーター」という謎の肩書きが与えられました。座右の銘は「永遠少年」「年中夢求」「波乱万丈」「あゝ無情」

 

略歴

1989年9月10日、市川市生まれ。

市川のすみっこらへんの高等学校、市川のすみっこらへんの大学商経学科経済学部卒。

大学卒業後は渋谷の「ウェブコンサルトカンパニー」を推しているベンチャーに入社し、CMSの企画提案営業、ウェブサイトの製作ディレクター、SEO設定、運用保守を担当、販売する能力が低かった為、ウェブページへのアクセスや、検索結果をあげる方法を勉強していました。その中でブログ更新のノウハウも身につけ現在も私的に活用している。

<経歴>
1989年9月
フィリピン人ダンサーの母と、見た目が完全に“アレ”な父親の間に生を授かる。

1996年4月
出生をディスられそうになった瞬間、ボケたおし周囲をわかす。著者7歳の春、笑いに目覚める、しかしその目覚めは一瞬で、つぎの開花は7年後となる。

1997年4月
剣道を習いだす、日本に3人しかいない8段の先生におそわる、8年間の対戦成績は0勝70敗30分。女性用の白い防具を愛用していたことから“白豚”(しろぶた)とよばれていた。

2001年9月
誕生日の翌日に同時多発テロがおこなわれたことで、あだ名が“ラディン”になる、中学時代からの友人は、私を今でもラディンとよぶ、おれも呼ばれないと心地わるい。

2004年3月
デジタルモンスターカードゲームで世界ランキング1位になる。とにかくつおい。

2005年3月
高校受験でふざける、「先生、ぼくは剣道部ですが、スポーツ入試枠を卓球でうけたいです」「うむ、やってこい」当日はラリーが1回も成立せず、見ず知らずの他人も道ずれに入試失敗。

2005年4月
テニスとの邂逅。県大会にでれるぐらいの実力は身につけた、最後の試合は5-2から逆転負けし、相手に「きめぇ・・・」と陰口たたかれるぐらい泣く。

2007年7月
声がかすれてるという理由だけでロックバンド「Beckers」のボーカルを務めることになる、担当楽器はトライアングル、カスタネット。その衝撃映像は[こちら]

2009年8月
大学最大のサークルで幹事長に就任。そのサークルはテニスサークルだが、サークル紹介のパンフレットでは「スポーツ」のカテゴリではなく「お笑い」のカテゴリで紹介されているような、しょーもないサークルだった。代表的な事件として「幹事投票0vs23でも譲らない事変」「1人だけインフルエンザにならない事変」「22人の同期ワンナイトロスト事件~失楽園~」「学生課指名手配事件」「卒業時教員スターディングオベーション」がある、以上のことから偏差値が底辺だったのは悟ってくれるな?

2011年9月
2ヶ月で85kgから64kgへ減量成功。

2012年10月
ブログの更新を開始、自分のブログのアクセス数が、お客様のサイトの4~6倍あり、きまずい思いをする。ブログに目覚める。

2013年3月
なんとなく作ったサイトの順位がすごくいい。SEOに目覚める。

2013年9月
当時面倒を見てくれていた部長を2階級降格させ「やばいやつがいる」と周囲の注目をほしいがままにする。

2013年10月
通行人に「今でしょ!」と言い放ち、会社から謹慎処分をうける。

2014年3月
3年の歳月を経て64kgから85kgへ増量成功。

2014年6月
8月までの2ヶ月間をヒモとして生活する。

2015年3月
20日間にわたる、神々の対決をへて、すべての恐怖を超える、この体験によりこの世から怖いものがなくなる。

2015年8月
「でじたるこしかわーるど」の更新を開始

2016年1月
「100日ダイエット計画」を開始する。

2016年5月
「100日ダイエット計画」に成功。100日間で体重を-22kg、体脂肪率を-19%する。自身のノウハウをブログ上で公開し始める[ダイエット指南書]

 

性格、特徴

・ひじょうに声量がある、初対面の女性には「なんだコイツ?」と思われ99%の確立できらわれる。
・手がめちゃめちゃでかい。
・酒はよわいが、勢いよく飲むので酔っ払う可能性がとっても高い、酔うと泣くか、寝るかのどちらかになる。泣くのは悲しいからではなく嬉しいからの場合が90%。
・3歳の保育園児から、82歳のおじいちゃんまで友達がいる、銭湯でしらない外人と友達になったりするのでコミュニケーション能力はひじょうに高い、だがしかし、ヒアリング能力が低く、論理的思考が極端に苦手。就活生だった時代に実施されたテストでは、伝える力:100、聴く力:0という異例の数字をたたきだし、人事部から「お前は人類なのか・・・?それともゴリラなのか・・・?」と不審がられた。
・熱いといわれることがすごくおおい。
・下らないことに関して「のみ」頭の回転が速い、人の悪口を即興で歌やラップにすることができる能力をもっている。
・仕事以外では“即レス”“秒の対応”を心がけておりLINEの返信がひじょうにはやい、よくキモがられる。
・気がひじょうに長い、めったに怒らない。そのため喜怒哀楽の“怒”がぬけた不完全な人間とさげずまれることがある。また怒る人、怒っている人のきもちが理解できないため、火に油を注ぐようなまねをよくする。
・分析・情報収集が好き、人の情報をスミからスミまで覚えるくせがありよく気持ち悪がられる。Facebookの友人数をおぼえている旨を彼女に伝えた時にべそをかかれたことがある。
・本人は“清々しい変態”を豪語しており、下ネタや、下心を語る際は、相手の目をまっすぐに見つめ、目を輝かしながら、よく通る声でいうことを心がけている。
・大野将一(2学年上の先輩)を崇拝しており、8年間ほぼ毎日連絡をしている、誕生日は8年連続で12時になった瞬間に祝いのメッセージをいれている。
・夢中になるととことんな性格、デジモンがいい例だが、極端にいえば世界を制するまでとことんやりこむ。ダイエットでも2ヶ月という短期間で21kgの減量をはたす。ぎゃくに夢中になれないことはてんでダメであり、特に仕事は万年平社員である。また世間的に評価されないことにたいしてのモチベーションはひじょうにたかい、さいきんの代表例はtwitter[こちら]
・漫画が好きで主な週刊誌はかならず毎週読む、先輩いわく「漫画をよんでいるときが一番真剣な顔」
・美容師に舌うちされる重度の天然パーマ。
・有吉、リリーフランキー、ポルノグラフィティが好き。
・最近は星野源にはまっている。
・3人以上だとずっとしゃべっているが、2人だと急にしゃべらなくなるため不機嫌だと誤解されることが多い。
・生まれてからずっと鼻炎なので、治す気もなく常に息が荒い。
・好きな女性のタイプは「いきなりひっぱたいても笑ってひっぱたき返してくる人」「変な声の人」「爬虫類」
・蚊を殺す能力がひじょうに高く、これまでに100万匹の蚊を殺した。
・テキスト量からも察してもらえると思うが自己主張が強い。
・重度の中二病をわずらっている。また普通の人が使わない言葉を多用するため語彙力を評価されることがあるが単純に漫画の読みすぎである。
・風邪はひいたら弱いが、ひかないタイプ、大学2年生の時に所属していたサークルの夏合宿、インフルエンザが蔓延し80人以上がダウンしたが1人根性で感染を回避した。

 

以上、簡単な自己紹介。以下、更に詳細な自己紹介・・・かなり長いので閲覧注意!

人からよく言われること

「己を知る」・・・。これまでに何人の偉人がこの難題に挑んだのだろうか?己をもっとも知る者・・・それは己!しかし故にわからぬこと、気づかぬことが多々あるのだ、なので今回は「人からよく言われること」を書き出し、それを参考に分析をしよう。

「声がでかい」「うるさい」「声が汚い」「世界に響く声」

これは多い!多いよ!!最も多い意見だ!!!

小学1年生から20年近く言われ続けているからさぞかし大きいのでしょうね!!!就職活動中、バンダイの面接で普通に話しているのに「もう少しボリューム絞れないかな?」って言われたな~!

くっそ~!でも「声が大きい人きら~い!」って人は安心して!そんな人でも大丈夫な仕様になっているから!それってもしかして:コミュ力?

 

「ゴリラ」

そんなことはない。ただ大きな力を持って生まれただけ。お前なんぞいつでもひねり潰せるぐらいのな。

 

「がたいがいい」「威圧的な体」「がたいいいですねー・・・。何かスポーツされていたんですか?」「プレッシャーが強い」「近い」

これはよく挨拶代わりに言われますね。僕は身長176cmなのですが、「183cmぐらい?」と錯角されます。ようはでかく、厚いのです。

また著者三兄弟は、見た目がアレな親父と南国の母が融合し生まれたので、全員が闘う男ボディを生まれつき持っている。骨太、広い肩幅、膨張しやすい筋肉・・・。その性能の高さは弟達が全国の舞台で証明してくれている(参考【三男】【次男】)。俺?俺は・・・あれだよ・・・。・・・デジモン(参考URL)。

 

「学生」「中二病」「見た目は大人、気分は子供」「ポルノグラフィティがいなかったらポルノグラフィティだった」

これは普段口にする言葉のチョイスが原因ですね。僕はポルノ生まれ、ポルノ育ちなので、発言の多くはポルノの影響を受けているわけです。なので肌を焦がすような南風はふいてくるし、それは君が胸を焦がすからだし、My name is Loveだし、君の手で切り裂いて欲しいし、夢幻がムゲンで、ボイルした時計の皮むきに夢中なんだよね。

また座右の銘は「永遠少年」。故に少年の心と瞳を忘れないよう心がけている。どうやらその取り組みは成功しているらしいな。

 

「折れない男」「土俵際の粘りに定評」「me me she」

そう。俺は折れない男。これは主に別れ話の際に力を発揮する。捨てないでよぉ~!

 

「クソデブ」

おぃッ!!!!!!「クソ」の部分はただの悪意じゃねーーーか!!!いいか?俺はデブに寄っているが“クソ”ではない。ちょいデブ!あくまでデブの範囲に収まるデブだ。むしろぽっちゃりといってもいい。

しかし不思議だ、俺はぽっちゃりだが、みんなの目にはデブと映る・・・。実に不思議な現象が起きている。もしかしたらそう呼んでみたいだけなのかもしれない。俺はそう思うよ。

 

「裏表が無い」「表裏一体」「嘘がつけない」「わかりやすい」

嘘が下手だ。それは25年の人生を通し我が身で体験している。そりゃぁつく時はつくが、押し切れないような嘘はつかないよう心掛けている。

それにできるだけ直球を投げるよう心掛けている、例えば「好きなタイプは?」って聞かれたら「性格いい子!」って答えるんじゃなくて、「おっぱいとお尻が大きくて、顔は本田翼、性格はNARUTOに出てくるヒナタ!そんでもってとびっきりエロい子!」と答える・・・みたいなそんな具合だ。

 

「投げっぱなし」「コミュニケーションの一方通行」

コミュニケーション能力は低くない、むしろ高い・・・と思うが、コミュニケーション能力って

・言語による意志疎通能力。
・感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう能力。感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆく能力。
・非言語的な要素(相手の表情、眼の動き、沈黙、場の空気など)に十分に注意を払うことで、相手の気持ちを推察する能力(非言語コミュニケーション)
・上記の非言語的な要素により知った相手の気持ちを尊重して、相手に不快感を与えないタイミングや表現で、自分の感情や意思を相手に伝える能力
・意思疎通、協調性、自己表現能力(厚生労働省による就職基礎能力の定義[2])
・社会技能(ソーシャルスキル)。暗黙知。
上手にコミュニケーションを行うための体系づけられた知識、技術(コミュニケーションスキル)
・合意(コンセンサス)形成能力
「論理的コミュニケーション能力」(自己の考えを論理的に明確に、相手に表現する能力)
会話のキャッチボールを上手く行える能力
・企業が求人広告等で応募者に要求している「コミュニケーション能力」は、ビジネスシーンにおいて発揮が期待される精選された「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」を指しており、必ずしも対人コミュニケーション一般を円滑におこなうスキルをもって満足するものではない
参考:Wikipedia

↑のトータルのことを言うわけじゃない?俺は初対面の人でもすぐ話せるし、行動力もあるから「懐に飛び込む能力」みたいのはあるけど、それ以外の能力・・・特に話を聴くのは苦手だね。

だから、伝えるスキル:聴くスキルの割合は9:1。伝えるに特化したウェポンだ。

 

「エネルギー体」「熱い人」「体育会系」

俺は元気だ。「僕も元気です」って声が聴こえてくるな。生半可な「ファッション元気」は怪我の元だ・・・気をつけたほうがいい。俺は本物の元気、「血に飢えた狼」と表現する者もいた。まぁ世間一般的な若者のイメージ像より若干元気が溢れているようだ。

 

「狡猾」

狡猾
悪賢いこと。
参考:Wikipedia

これは難しい~!前述までの評価とは180度方向が違う。そりゃあ僕もゆずれないものはありますからね。それらを守る駆け引きのなかでは、狡猾にもなりますよ。

守りたいものを守る。シンプルでいいじゃない。ただ嘘は下手くそなのであからさまな狡猾さではあるでしょう。

 

「喜怒哀楽の怒が抜けた不完全な人間」「クズ野朗」「手段を選ばない」「こころのリミッター迷子ちゃん」「純粋悪」「卑怯者」

かァーーーー!悪意を感じる意見だ!「清清しい程の外道」と言ってほしいですね。潰すと決めた敵は手段を選ばず徹底的に潰す。それだけの・・・シンプルな話!それに滅多に人と衝突しないよ!

また、ぼかぁ基本的に怒らないんです。だから僕以外の人間の「怒る」って感情が理解できないんですね!困ったなぁ!友人ならまだいいが恋仲ではゆるせねぇ・・・といった意見もあるようです。

つまり管理人は鑑賞用にはいいが、実際に飼うのは難しいライオンのような生物だってことですね。

 

「ベイブレード」「トラブルメーカー」「ToLoveる」

その発信力と勢い故に、何か事件が発生すると木村君、将一さん、哲也さんを巻き込んでいつも大事になります。必ず大勢の人を巻き込みます。その遠心力、必ず巻き込む力の強さを評価され「ベイブレード」といわれますね。

 

「雑学クソ野朗」「屁理屈クソ野朗」

人間Wikipediaとも呼ばれる。安心してください、頭の固い野朗ってことではない。ただ…。ただ語りたくなる。あんたの目を真っ直ぐに見て、俺の思いをぶつけてぇんだよ。

 

「突然変異体」「変人」「ミュータント」「人間じゃないsing song by 森山直太郎」

俺の中には確かに「誰かと違うことをしたい!」「目立ちたい!」という大きなエネルギーが渦巻いている。しかしそれは「あなたの笑顔がみたい」「あなたを幸せにしたい」と同義語だ(その先に俺が満たされていがある)
ちょっと意見が出すぎたな、この領域はこんなところにしておこう。まぁここまで読んでくれた君ならわかるだろ?とにかく「自己主張」が強い奴だ。

 

自分が思う自分

あー・・・。なんだろうな、どんな奴かは大体わかったから好きか嫌いか?ってことなのか?だが「自分が好きか嫌いか?」そんな悶々は13年前のティーンエイジャー時代に擦り切れる程考えたはずだ、故に実に無意味な疑問だ。己というのはただただ信じるもの。

まぁ、俺がもう一人いたら絶対に友達にはなれない。「我最強、故に我無敵」って思っている奴が俺以外にもいて、それが1つの空間に2人。あとはもう命のやり取りしか残っていないでしょう。

 

ポリシー

ポリシー【policy】とは。意味や解説、類語。政策。策略。また、事を行う際の方針。
参考:goo

 

永遠少年が座右の銘だと語ったが、もう一本の柱が俺にはあるそれは「ユーモア」だ。

 

ユーモアとは。会話や文章において相手を笑わせる事を意図する人間の気質や、具体的な言葉や行動においての表れをさす。
参考:Wikipedia

 

俺自身がどうしようもなく面白い奴だとかって話ではない。ただいかなる時も上記のような気持ちを持ち合わせているつもりだ。

ガンジーは語った

 

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。

 

いかなる場面も和ませる究極兵器こそがユーモアであり、意識の最前線に置くべきものだと思っている。

 

仕事

仕事は2012年の新卒時代からこれまでの4年間、Web業界に携わっている。主にコンサルタント営業を担当している。

Webページを提案したり、Web運営に必要な関連サービスを提案したり、企画を考えたり、集客の戦略を考えたり、コンテンツの内容を考えて作成したり、データを分析したり、保守をしたり、時にはソースコードを少しいじったりしている。

ブログは、コンテンツ作成の業務から派生しているが、はっきり言って趣味だ。「今はまだ」がつくがな・・・。

きっと今後もWebの世界で生きていくであろうよ。

 

趣味趣向

人に語るとすれば・・・これはもう「デジモン」だ。俺はデジモンが好きなんだ。好き過ぎて1度は頂点を極めた。

ただ、今はブログ程熱を注げるものじゃない。大切だけどこれ以上膨らましようがない・・・俺の中では終った存在だ、下手にいじらずそっと置いてある「大切な思い出」って感じだな。

他にはテニス、囲碁、将棋、麻雀、漫画、友人に時間を費やすことが殆どだ。

費やす時間を割合で言えば以下のようになるだろう。

ブログ :55%
デジモン:1%
テニス :1%
囲碁  :0.5%
将棋  :0.5%
麻雀  :8%
漫画  :10%
友人  :25%

大部分はブログ、漫画、友人だな。そして何故ブログを書くのか問われるが、ブログというものは「自身を文字で形にすることができるツール」であることと、将来の目標のために有効に働いてくれるものだからだ。

大きなビジネスチャンスも眠っているし、思いがけない人から「ブログ見たよ!」「面白かったよ!」といわれるのは大きな感動を伴うものだ・・・。まぁ一種のコミュ力でもあると考えている。

 

備考

とまぁ・・・ずら~~と書いたが読み返すと「ぐだぐだとうっせぇ野朗だな!!!」って感じだな!!!

まとめると管理人は「うるさい古い時代のコンピュータ」みたいな奴。だってことはわかってくれたかな?すぐ熱くなるし、うるさい、動きとずうたいは大きいが、効率は悪いってことだな。

ガッデムバッキンガム!!!

まぁ不幸中の幸い。そんな俺にも幸せを与えてくれる環境がある、それは職場であり、家族であり、友人達であり、この電脳世界でもある。俺はその中でこれからも何かを発信していく宜しくな!アディオス!

 - 越川の自己紹介 , , , , , , , , ,