デジタルコシカワールド

幕張から「すこしだけ笑える」をテーマに毎日がエブリデイ

「大学に行くとは」これから大学生になる人達が知るべき言葉

      2015/10/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越川だ。写真は8年前、大学に入学した直後の越川とGOD将一だ。くそみてぇな柄のシャツとセーター着てるな、どこで売ってたんだろうな。
(@9130daiki)

今日は日差しが強いな・・・。

長い間ふりつづいた雨はあがり、ご無沙汰の太陽は溜まっていた鬱憤を俺達に容赦なくぶつけている・・・。降り続いた雨のせいでいまいち季節をかんじられていなかったが、テレビではどの番組でも「秋ですね・・・」「秋の味覚は・・・」「秋といえば」といった具合に秋が訪れたことを俺達に告げている。

短い、短い秋、その短い秋が終れば冬が訪れ、その冬も終れば、春が訪れる。

春。

別れの季節春。

新たな出会いの季節とも言われるが、この別れの季節が俺は昔から嫌いだ。親しんだ友と離別する悲しみは、出会いの喜びよりも遥かに苦しく感じるからだ。

今回はそんな別れが間近に迫る、大学進学する方向けのブログだ、まずは4年前の2011年3月に立教新座中学校・高等学校の校長先生が生徒達に送ったメッセージ「卒業式を中止した立教新座高校3年生諸君へ。」を読んで欲しい。これから大学に進学しようとしている君達に「大学に行くとはどのような意味があるのか?」それを説いているメッセージだ。
 
 

このメッセージに、2週間前、「時に海を見よ」題し、配布予定の学校便りにも掲載した。その時私の脳裏に浮かんだ海は、真っ青な大海原であった。しかし、今、私の目に浮かぶのは、津波になって荒れ狂い、濁流と化し、数多の人命を奪い、憎んでも憎みきれない憎悪と嫌悪の海である。これから述べることは、あまりに甘く現実と離れた浪漫的まやかしに思えるかもしれない。私は躊躇した。しかし、私は今繰り広げられる悲惨な現実を前にして、どうしても以下のことを述べておきたいと思う。私はこのささやかなメッセージを続けることにした。

諸君らのほとんどは、大学に進学する。大学で学ぶとは、又、大学の場にあって、諸君がその時を得るということはいかなることか。大学に行くことは、他の道を行くことといかなる相違があるのか。大学での青春とは、如何なることなのか・・・。

 
 
全文はこちら(http://niiza.rikkyo.ac.jp/news/2011/03/8549/)

読んでもらえるとわかるが、これは4年前の悪夢、「東日本大震災」で卒業式をやむなく中止せざるをえなかった学生達に送られた言葉だ、背景を考えるとこの校長先生の言葉は本当に重い。

私は東日本大震災の時は大学3年生だった、当時は就職活動の真っ只中だったが、いても立ってもいられず、2度現地のボランティア活動に参加させてもらった。1つ不思議で仕方のないことがあった、なので私はそこで働く同年代の人達に「何故ここにとどまるのですか?東京に行って、条件のいい仕事を探したほうが家族も助かるのではないですか?」と聴いた、3人に聴いたが、3人とも同じことを答えた。

「ここが僕(私)達の住む場所ですから、僕達がこの場所を支えるんです。復興させるんです。」

正直「内申点があがるかもしれない・・・!」という不順な動機があった僕には彼等が立派過ぎて・・・もう直視できない程に「うわ・・・俺恥ずかしい・・・」と思わせてくれた。おまけに2回目のボランティアには内定をもらっていた会社の計らいで参加したのだが、飲み会でぶっつぶれ、先に寝た部長の部屋のドアを叩きながら「お~いなかじま!野球しようぜ~!」などと生き恥をさらし、内定取り消しになりかけたな・・・。

大学に行きたくても行けない人がいる。そのなかで大学に進学するみんなは「遊びに行く」といっている場合だろうか?

この先の4年間は準備の時間だ、その準備が終った瞬間に「THE・社会人」とかいう理不尽すぎるゲームが始まる、時間は4年しかないぜ、さぁ君は大学に何しに行く?何を得る?

ホントは目的なんて何でもいいと思う。遊びだってなんだっていい、でもぼんやりとなんの意思も持たずに4年間を過ごすのだけはよしてほしい、進学後の日常で3日間変化がない日常がつづいたら…とくにえているものもなく、現状維持の状態が続くようだったら!

まず危機感を感じて欲しい、18~22歳の時期は毎日何かがある状態が普通だ、だって周りを見渡せば「何かしたい・・・」とか「はじけたい・・・!」って思っている奴らばっかりなんだぜ?何も起きないほうが不自然だろ。

校長先生はこう語っている
 
 

「大学に行くとは、「海を見る自由」を得るため」

 
 
自由とは0から100まで自らで組み立てるということだ。どう組み立てるか?やりながら考えるか?それともどう組み立てたらよいのか周りの人に相談してビジョンを持つのか?少なくとも何も考えていない状態ではいられないはずだ。

ちなみに「じゃあ思えの大学生活はどおだったんだよ?」と聴かれるが、俺は俺より楽しんだ大学生なんていないと本気で思っている、別になにしたとかじゃないけど最高の大学生活だったぜ。

さぁ動こう。大学入試を控えた若者達よ。特に我が弟よ。

ではアディオス。

お気軽に友人申請してみてください。かなり喜びます
 

 
↓ねぇ・・・どれか・・・どれか・・・「ぽちっ」としてくれるよね・・・?ねぇ?ねぇ・・・!?ねぇ・・・!!どれか・・・どれかは「ぽちっ」としてくれる・・・してくれるよねぇ!?!?!?

 - 越川日記 , ,